働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

ストレス解消法

メンタルに強い人がやっている。上手な人への頼り方とは

2019.09.07

第208話:メンタルに強い人がやっている。上手な人への頼り方とは

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)の髙橋雅美です。

 

あなたは気持ちが落ち込んだ時、人に助けを求めていますか?
人に助けを求めることができるかどうか、実はこれはとても大切な、必要なことなのです。

 

ですが、人に頼る、助けを求めることを、とても厳しく自分自身に制限している人もいます。

 

このくらいのこと、自分で出来ないといけない・・・・
人に頼るなんて甘えている・・・
私に相談されたら、相手が困るから悪いと思ってしまう・・・

 

このような考えの方もいらっしゃるくらいです。そして、自ら抱え込んでしまい、苦しくなってしまうのですね。そんな自分を「私って弱い人間、ダメ人間なんだ」と決めつけてしまう場合すらあります。

 

ですが、困ったとき、落ち込んだときに、助けてください、と誰かに伝えられるのは弱いのではありません。逆に強い人だからこそ出来ることなのです。すべてを自分で抱えこまずに、誰か信頼できる人に助けてもらう力・・・

 

自分の限界を知り、抱え込むのではなく、どうやったら解決できるのかと前向きに考える力・・・・

 

そんな力を持っている人は、打たれ強いとも言えます。ココロの回復力、レジリアンスがある人なのです。しなやかなココロの持ち主なのですね。

 

さて、あなたには助けを求められる人がどれくらいいるでしょうか。あなたが頼りにできる人と言われて、頭に思い描く人、思い浮かぶ顔はどのくらいいるでしょうか。

 

助けが必要な時に頼れる人を増やす方法、そして上手な頼り方についてお伝えします。

 

この人は信頼して話ができる、頼れるという人を書き出しておく

落ち込んだときは心にゆとりがないため、相談相手が思い浮かばないこともありますよね。ですので、以前から、頼れる人、相談できる人は思いつく限り書き出しておきましょう。

 

書き出したものは、大切に保管しておき、落ち込んだ時に見直すのです。その時あなたは、こんなにサポートしてくれる人がいるんだ、と思い出すでしょう。それだけでも、私には味方がいる、と思てるものです。そして必要ならば実際に助けを求めてみましょう。

 

頼る時は、どんな風に助けて欲しいのかきちんと伝えよう

頼るのが苦手な人の中には、どんな風に助けて欲しいのかを伝えない人もいます。例えば、「今度、お食事でもどうでしょうか。」と起業したばかりの女性に誘われたことがあるのですが、お会いしてみると、質問ぜめにあったことがあります。

 

質問してもらっても良いのですが、事前にどんなことについて知りたいのか教えてもらっていれば、こちらも調べたり、準備が出来たのにと思った覚えがあります。

 

そのような時は遠慮しないで、○○について教えて欲しい、ただ話を聴いて欲しいとはっきりお伝えするのがお勧めです。

 

あなたが助けてもらったのなら、今後、自分が助けてあげられる時、できる範囲でサポートすればよいのです。

 

まとめ
一人で抱え込まずに、人に助けを求める力をつける

 

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ストレスに上手に対処する方法とは? お勧めの方法

2019.08.31

第207話: ストレスに上手に対処する方法とは? お勧めの方法

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)の髙橋雅美です。

 

私たちは日々、生活している中で様々なストレスを感じています。ストレスと感じないこともあるかもしれません。が、あまりストレスを感じない方でも体に症状が出ることもあります。

 

頭が痛い、胃がムカムカする、眠れない・・・などなど。

 

ですが、ストレスに強い人というのは、本当はストレスに敏感な人でもあります。自分の心や体にいつも以上の負荷がかかっていることを感じ取り、それに早めに対処することが出来るからです。

 

そのストレス対処法のことを、ストレスコーピングと言います。そして、そのストレスコーピングは多いほど良いと言われています。
数が多いだけではなく、様々な種類のコーピングを持つことが大切なんですね。

 

例えば、体を動かすコーピング。運動をする、散歩をするなど。そして静かに出来るコーピング。本を読む、映画をみるとか。

 

仲間とワイワイ楽しく出来るコーピングも大切。カラオケに行くとか、飲みに行くなど。ひとりで気ままに出来るコーピングは、アロマを焚く、部屋の片づけをするなどなど。

 

さて、あなたのストレスコーピングは何ですか?どのくらいの数のコーピングを持っているでしょうか。一度、書き出してみることをお勧めします。

 

というのも、本当にストレスを感じている時というのは、視野が狭くなり、心にも余裕が少なくなるため、自分のストレスコーコーピングを上手く思い出せないこともあるからなんですね。そのためにも、書き出してみましょう。

 

そして、ストレスにもっと上手に対処できるようになるコツをお伝えしますね。

 

手を抜くというコーピング
ストレスコーピングの中に「苦手なことの手を抜く」ことも入れるということです。例えば、家事でお掃除が苦手だとしたら、ストレスを感じている時のお掃除は少し手を抜く、頑張りすぎないということです。

 

それ以外にも、「やるのが億劫だなあ」と感じた時は、迷わず先延ばししましょう。余計ストレスになるからです。真面目は人ほど、手を抜いたり、先延ばしすることに抵抗するのですが、ストレス対処が上手になるコツは頑張らないということです。

 

ストレスコーピングを時々見直す
自分のストレスコーピングを書き出しておきましょうとお伝えしました。その書き出したコーピング内容を時々見直して、必要であれば書き直してほしいのです。

 

というのも、以前、あなたにとってコーピングだったことが、毎回同じように対処法として効果があるとは言えないからです。以前は興味があったのだけど、今はさほどでもないということもあり得るからです。

 

一方で、最近始めたヨガはコーピングになっている、という場合もあります。その場合は、ヨガをあなたのコーピング一覧表に追加する必要があるのです。

 

このようにストレスコーピングは時々見直し、書き直ししてアップデートしていって欲しいのです。それがより上手にストレスへ対処できるようになる方法なのです。

 

まとめ
ストレスコーピングをたくさん持ち、時々アップデートすること

 

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

頑張り屋の貴女に必要な「エネルギーコントロール」とは?

2019.01.26

第193話:頑張り屋の貴女に必要な「エネルギーコントロール」とは?

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)の髙橋雅美です。

 

仕事とプライベートの両立。まだまだ女性に大きな負担がのしかかってしまうという現実が続いています。頑張り屋さんの場合は、どちらも手を抜けません。それどころか、100%出来ない自分を「これじゃダメ」「もっと頑張らないと・・・」と自らを追い詰めてしまう人もいらっしゃいます。

 

確かに、人生において、「ここが頑張り時!」という時期はあります。でも、頑張れる人は、上手にコントロールしていることがあります。それが、エネルギーをコントロールすること。今回は、頑張るために貴女に必要な、「エネルギーを上手にマネジメントする」3つのRについてお伝えします。

 

1. 休息(Rest)
まず、何かをやり遂げるために求められるのは、やり続けようとする強い意志です。頑張るぞ!という時に燃料となるものが必要ですよね。そして、集中力。長時間に取り組んだからといってうまく行くものではありません。

 

つまり、必要なのはメリハリです。頑張る時には、同時に休息(Rest)も必要なのです。シンプルに言うと、体を休めるということ。短時間でも集中して休む、例えばお昼寝などもおすすめです。

 

逆にやってはいけないのが、なんとなくダラダラと過ごすこと。ダラダラしながら、心では「やらなければならないこと」に気持ちが向いてしまっていては、残るのは罪悪感です。あえて、今日一日、ダラダラしよう!と決めて存分にダラダラしてくださいね。

 

2. リラクセーション(Relaxation)
体を休めたとしても頭が休んでいるとは限りません。気になることがあると、ずっと頭の中でグルグルと考えてしまうこともありますよね。ですが、考えないようにしようとすればするほど、その考えから逃れられなくなります。

 

では、どうすればよいのでしょう?頭で別のことを考えるようにする、頭をカラッポにするということです。それがリラクセーション(2つ目のR)です。お勧めは簡単な瞑想ですが、深呼吸でも良いので、10~20回ほど呼吸に意識を向けて、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

 

この時の深呼吸はまず吐くことから。ゆっくりと息を吐きながら、体の力も同時に抜くのです。そして、鼻からすーっと息を吸い込みます。吐くことに倍の時間をかけてゆっくりと行ってみてくださいね。

 

3. 娯楽(Recreation)
そして、3つ目が楽しむことです。といっても、貴女が普段、本気で取り組んでいる趣味やスポーツなどではなく、1日のうちに簡単に出来ることで「心が喜ぶようなこと」がお勧めです。趣味やスポーツをやり始めてしまうと、これまた集中してかなりのエネルギーを消耗します。気持ち良い消耗なので良いのですが、やらなければならないことがある時は、エネルギーは温存しておきたいですよね。

 

だから、軽めの娯楽が良いのです。心が喜ぶようなことなので、好きな音楽を聴く、以前録画していた大好きなドラマを観るなどなど、時間が区切られていると「今日はここまで」と決めることも楽ですよね。

 

さて、エネルギーのコントロールは上手に出来そうでしょうか。集中して頑張らなければならないことがある時ほど、この3つのRが大事だということを忘れないで下さいね。

 

まとめ
「頑張り時」に力を出すには、3つのRでエネルギー管理をしっかりと!

 

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第167話:ストレス回復のためにすべきことには正しい順番がある!

2018.02.17

今日は、これまでもこのブログで何度もお伝えしてきていますが、基本的なことを再度お伝えしますね。基本的ではありますが、大変重要なことでもあります。

先日のご相談は介護職のB子さん。実は看護師の資格をお持ちなのですが、医療現場から介護現場に転職して半年が経っています。40代になり、これまでと違う環境で仕事をすることで、キャリアに磨きをかけようと思っての「前向きな転職」だったとのこと。

ですが、あまりにもこれまでの職場と違うため戸惑ってしまい、体調が不安定になってしまいました。B子さんのように、専門職である一定のキャリアを持っている方は、これまでの仕事のやり方に自信もプライドも持っています。

そのため、新しい職場が違うとわかっていても、なかなかこれまでのプライドが邪魔をして、素直に「わかりました。」と受け入れられないこともあるのだとか。

そんなこともあり、しだいに食欲がなくなり、夜もなかなか寝付けないという状態になってしまいました。さて、看護師のB子さん、さすがに自らの体調の変化には早めに気が付いていました。

いつもと違う・・・このままではいけない・・・
この時、自分の体調の変化にいち早く気づくということはとても重要です。ですが、次に「どう対応すべきか」について、多くの方が間違うことがあるので、あらためてお伝えしようと思います。

すでに体調が不安定になっているような場合、仕事を変える、仕事の環境を変えるというのは最優先ではありません。ましてや、このような状況になったのは、職場が原因だから、仕事を変わりたい、今の職場をやめたい、転職したいなどとおっしゃる方がいらっしゃいます。

ですが、これは間違いです。仕事を変わる、職場を変えるという変化ですら、B子さんには、さらなるストレスとなり、より体調が悪化してしまう可能性があるからです。

仕事を辞めるなどという大きな決断は、体調があまりよくない場合に行ってはいけません。まずは、体調を安定させることを最優先にすべきなのです。

具体的には職場を休む、受診することが優先となります。そして、体調を安定させましょう。そのうえで、仕事量の調整をしたり、職場の人間関係の調整をすることが続きます。

もちろん、体調が回復しつつある段階、あるいは悪化する前の段階であれば、積極的にストレス解消法をしましょう。大好きなヨガに行ったり、美味しいものを食べたり、思いついたらすぐやってみてください。

これは決して「逃げ」ではありません。自らのストレスに積極的に対処するという「攻め」のストレス対処法なのです。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

まとめ
ストレスにより体調悪化に気づいたら、体調安定を最優先に行動しよう!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第137話:ストレスを出来るだけその日のうちに解消すべき理由

2017.06.10

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

ストレスの原因になるものをストレッサーと言います。これは人だ
ったり、出来事だったり、物だったり様々です。私たちのカラダは、
ストレスがかかると脳の視床下部に刺激が伝わります。

その視床下部は、自律神経をコントロールしているセンターのよう
なところです。そのため、ストレスがかかると自律神経がアンバラ
ンスになってしまうのです。

自律神経というのは、心臓を動かしたり、汗をかいたり、自分では
コントロールできない自動的に動く神経のことで、交感神経と副交
感神経の2つがあります。交感神経とは、緊張や興奮状態など活動
する時の神経です。

一方、副交感神経とは、平常時や心身ともにリラックスをしている
ときに働く神経です。この自律神経がアンバランスになると、カラ
ダにどんな影響があるのでしょうか?

自律神経失調症など、不眠、頭痛、イライラ、食欲不振、集中力低
下、便秘などの症状が出てきます。また、免疫力が落ちると言われ
ています。つまり、自律神経がアンバランスになることで、様々な
病気を引き起こすということです。

自律神経のバランスを整えるには、規則正しい生活、特に食事や睡
眠は重要です。また、適度な運動も大切です。そして、ストレスを
受けた時にそのままにせずにストレス解消法を行うことです。

つまり、ストレス解消してリラックスすることは、自律神経のアン
バランスが原因の様々な疾患を予防することでもあるのですね。

責任ある仕事につき充実した日々を送っている方の長時間労働は、
疲労を招き睡眠に影響が出ます。睡眠が少なくなると、翌日の仕事
にも支障が出ます。そうなると、悪循環のスパイラルに陥ってしま
います。

なので、ストレスを受けたらその日のうちに解消法を行うこと。翌
日に持ち越してはいけないのです。

心身ともに健康で自分の能力を最大限に発揮するためにも、ココロ
のメンテナンス、つまりリラックスが必要なのです。

まとめ
心身の健康のためには、ストレス解消で心のメンテナンスが必要!

第131話:自分と違うタイプの人間にイライラ。最初の対処法は○○

2017.04.15

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

芽吹きの季節でもある春は、大きな環境の変化などを伴い、私たち
にとってストレスを感じやすい季節でもあります。季節が冬から
春に変わるというのももちろん不安定な要因でもありますね。

さて、新しい環境で自分の苦手なことにチャレンジしなければなら
ないということもあるでしょう。そんな時は、ストレスを感じるの
は当たり前。なので軽やかに乗り切っていきましょうね。

どうやって乗り切るか?お勧めは「考え方を変えること」、そして
「行動を変えること」です。まず、今回は「考え方を変える」こと
によるストレス対処法について考えていきます。

例えば、この春、あなたの職場に部下が入ってきたとします。
彼女は入社して2年目。まだまだ一人前とは言えません。そのため、
教育係りとしてあなたが指導しなければならないことも。

ですが、その部下は仕事へのやる気が全く見えません。いつも
言われたことだけと、最小限にやるだけ。終わったら、そのまま
パソコンの前に座って何やら画面を見続けています。

R子さんは、もともとかなり仕事を効率的にできるタイプ。誰から
言われなくてもやるべきことを見つけ出し、しかも的確にこなせる
有能な女子社員です。そのため、係長という肩書も持っています。

R子さんは、この部下とのやりとりにすでに「うんざり」していま
す。言われたことだけしかやらない、なんて信じられない!とイラ
イラが募っています。

これってかなりのストレスですよね。相手が変わらない限り、R子
さんはずっとストレスを抱えなくてはいけないのでしょうか。
それも辛いですね。まるで相手次第という感じです。

ここでR子さんは、先日のメンタルヘルス研修で習った「ストレス
に対する考え方を変える」という方法を実践してみることにしま
した。

「部下は自分とは全く違うタイプ。理解するのは難しいけど、毛嫌
いしないで接してみよう」「部下を指導する仕事を通じて、自分の
能力が試させる良いチャンスかも」

「相手がイライラさせるのではない。自分が勝手にイライラしてい
るだけ。自分の感情は自分でコントロールできる。」そんな風にいく
つか新しい考えを書き出してみました。

この方法で部下の態度や性格が変わったわけではありません。です
がR子さんの部下への見方、接し方が変わりました。「まるで宇宙
人を相手にするようだった」と今でこそ笑えるR子さん。

自分と違うことイコール、ダメなんだと決めつけずに、部下との対
話を増やしていきました。上手くいかない時でも、「これで自分の
能力アップ。今後のキャリアに生かせる!」

と決してくじけませんでした。部下の方もこれまで自分に対して
じっくり向き合い相談にのってくれる上司がいなかったのでしょう。
しだいに心を開いていきました。

今日、お伝えしたのは、「ストレスに対して考え方を変える」という
対処法です。これは、ストレスの要因を客観的に冷静に見つめると
いう効果もあり、辛さから距離を取る方法とも言えます。

何か苦手なこと、上手くいかないことあったら、イライラせずに
「考え方を変えてみる」方法を一度は試してみて下さい。
次回は「行動を変える」という方法についてお伝えしますね。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった
形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
ストレスに対する考え方を変えてみよう!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい!
そんな貴女は今すぐココをクリック。

第125話:マインドフルネスで過去の後悔や未来の不安から決別する

2017.03.04

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

今、ちまたで「マインドフルネス」という言葉を聞くことが増えて
いました。グーグルなど、「マインドフルネス瞑想」を取り入れてい
る企業も少しずつ増えてきています。

マインドフルネスで大切なのは、「今、ここに意識を向ける」という
ことです。私たちは普段、過去のことを悩んだり、未来のことを不
安に感じたりしていますよね。

過去や未来に向きがちな私たちのココロを「今、ここ」に集中する
ということなんです。実は、現代のような情報過多の社会に住んで
いる私たちにとって、これはなかなか難しいことでもあります。

というのは、時間の流れが速すぎて、「今ここ」を十分に意識できず、
また味わうこともなく、過ごしてしまいがちだからです。ゆったり
を「今ここ」を味わうためにも瞑想などが向いているのでしょう。

といっても、日常生活にすぐに瞑想を取り入れるのは難しいと感じ
る方も多いと思います。そのような方が、「今ここ」の自分の行動
や感情に集中することができるにはどうしたらよいのでしょうか。

1つの方法として「自分を実況中継する」してみたらよいと思いま
す。これは、朝起きて、コップ一杯の水を飲むときに、「朝、起き
ました。今、水を飲んでいます。」と言葉に出して言うこと。

この水を飲む間にさえ、無意識のうちに「今日の営業先はあまり
気が乗らない」とか、「午後の会議は面倒だ」などと考えてしまう
もの。

意識が未来へ飛んでしまわないように、今ここで起きていることを
実況中継するのです。この実況中継することに意味があるというよ
り、それをすることで意識を変えるのです。

「あ、また過去のことをクヨクヨしていたなあ」とか、「今日の午後
のことを今から悩んでいたなあ」と、自分を客観的に分析すること
で、「今ここ」へ意識を戻していきます。

もうひとつ、お勧めなのが、実況中継の中に自分の感情を入れるこ
と。例えば、「朝、気持ちよく目がさめて美味しい水を飲んでいます。
有難い。」などという風にです。

その際に、気持ちが上向きに明るくなるよう、ネガティブな感情を
できるだけポジティブに捉えなおすこと。不安や悩みがあっても、
「今は美味しい水が飲めているよね、私。」という風にです。

過去の後悔や未来の不安を考え出してしまうと、ぐるぐると止まら
なくなってしまうものです。そんな時こそ、「今ここ」に意識を
向けるスイッチを入れる練習をしてくださいね。

まとめ
実況中継することをきっかけに、「今ここ」に意識を向ける

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい!
そんな貴女は今すぐココをクリック。

第124話:ストレスから身を守る極意。○○のメニュー作りがカギ!

2017.02.25

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

季節がら人事異動などの報告を耳にすることが増えてきました。
4月から新しい環境、新しい仕事、新しい人間関係で働くことに
なったという方もいらっしゃると思います。

人間にとっては「変化」というものはストレスになります。例え
それが「昇進や昇格」などの嬉しい「変化」であっても同じです。
冬から春への「季節の変化」も要注意なんですね。

さて、そんな「変化」の時期が近づいているわけですが、それらの
ストレスから自分の身をどうやって守ったら良いのでしょうか。
その極意とは?知りたいですよね~

それは万人にこれが効く!というものがあるというより、それぞれ
が自分にあうものを持っているというのが正解です。つまり、普段
の自分がやっているストレス解消法をきちんとやることなんです。

え~、そんなこと!・・・と言われそうですが、実はこれがきちん
と出来ている人があまりにも少ない。例えば、今この時期から3ヶ
月の間忙しいとわかっているのなら、定期的に継続的にすべき。

それなのに、時間がとれないなどの理由で、ストレス解消法を
後回しにしてしまったり、3ヶ月の間、一度きりだったりと、
何やらとても蔑ろにされている感じなんですよね。

あとは、「とにかく寝る」という方もいらっしゃいますが、
休養などのストレス解消法とは別に、それをやると楽しい、
ワクワクするなど気持ちが動くものがお勧めです。

最近では、涙活のように思いっきり泣くというのもあります
が、これもある意味、感情が動いていますよね。だから良い
のです。

そしてたくさんストレス解消法のメニューを持つこと。
種類がたくさんあればあるほど、ストレスから身を守ること
にもなるし、メンタルに強くなるのです。

たくさん種類をつくったら、それをストレスを感じている時
は、定期的んい継続的に行うことが肝心。マメにすることが
必要なんですね。

または、毎晩寝る前に、その日のストレスを水に流して、
出来るだけ気持ちをフラットに戻してから眠るとか、
3つの良かったことを書き出してみるとか。

良かったことや感謝することを練る前に思い出してニヤニヤ
するのも、感情が動いているし、効果があるのです。ぜひ
日々の生活の中に習慣として取り入れてくださいね。

まとめ
ストレスから自分を守るには、定期的継続的なストレス解消を

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、
人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第102話:ストレスに強い人になる秘訣。○○○をたくさん持とう。

2016.09.10

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

最近、遅ればせながらヨガを始めました。呼吸やカラダに意識を向
けて、静かな時間を過ごす贅沢さにはまっております。私自身はカ
ラダが固いので、ポーズは上手く決まらないのですが・・・

とにかく気持ちが良い。普段は、常に外から何らかの刺激を受けて
いる私たち。人と比べたり、人の目を気にしたりと意識が外に向き
がちです。

ですが、ヨがの時間は自分のカラダに意識を向けていく時間。しか
も隣の人と比べることもなく、ひたすら自分が出来ることをゆっく
りとした時間の中で行っていく。

というわけで、私のストレスコーピングの1つに加わりました。
さて、皆さんはご自分のストレスコーピング、所謂ストレス対処法
をどのくらい持っていますか?

ストレス対処法は、たくさん種類があった方が良いのです。ストレ
スを感じた時、その時の体力や気分、時間にあったストレス対処が
選べるからですね。

お金がかかならないこと、どこでも出来る、そして一人でもでき
るストレス対処法を持っておくことはとても大切。睡眠を多くとる、
好きな音楽を聴く、アロマやお香をたく。

簡単なもので良いのです。気持ちが明るくなる、スッキリする、気
分転換が出来るようなものだと良いですね。そして、今回、私が
ヨガをストレス対処法に入れたようにアップデートも必要!

新しいストレス対処法が見つかったらどんどん加えていきましょ
う。それから、やる気がおきない時、ココロの余裕が持てないよ
うな時は、無理しないことがお勧め。

普段、自分が苦手なことは少しの間先延ばししても良いですし、い
つもだったら100やっていることを、70くらいで辞めてしまって
も良いのです。それもまたストレス対処法なのです。

皆さんも、ご自分のストレス対処法を一度、書き出してみると良い
と思います。そして普段から眺めてみること。しばらく○○やって
いないなあ~と思ったら、すぐに取り掛かってみましょう。

そうやって、ストレスを受けた時は早めに対処するのが肝心です。
ストレスを感じていなくても、自分のココロやカラダの声に耳を
澄ませて、ゆったりとした時間を取ってみましょう。

まとめ
ストレスコーピングはたくさんの種類を持つのがお勧め!

 

第91話:非日常を作りストレス対処!○○動作から始めるコツ

2016.05.14

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

忙しいという字は、心を亡くすと書きます。普段、私たちは、この
「忙しい」という言葉を容易に使って日々を送っています。
現代社会においてそれは仕方のないことかもしれません。

確かにするべきことが多いし、情報はどんどん入ってきて目まぐるしく
状況も変わってしまうのです。一日が終わる頃になって、やっと
一息つけるということもあるでしょう。

実は、会社員勤めをしていた頃の私は、いつもワサワサとしていたの
ですね。特に、歩く速度が速い速い!オフィスの廊下で前を歩いて
いる方を追い越してしまうこともしばしば。

なので、そんな私をよく知っていた方は、私が後ろを歩いていると、
サッと脇によけて、道を作ってくれたこともありました(苦笑)
本当に、いつもいつも自分で忙しくしていたんですね。

というのは歩く速度が速いというのは呼吸も早くなっていたということ。
ですから、落ち着いて仕事に取組みというより、席に戻ると、ハーっと
大きなため息!ついて次の仕事に取り掛かる、そんな日々でした。

なので、普段はじっくりと味わう楽しみを忘れてしまっているようでした。
味わうというのは味覚だけではありません。
五感を使って、しみじみ味わうという意味です。

現在、私は急いで歩くこともなくなり、逆に企業研修などで、ストレス対処法に
ついてその必要性と重要性をお伝えしています。その中であえて「ゆっくりと
した動作を行う」ことも、緊張がほぐれストレス対処法になるとお伝えしています。

例えば、朝起きたらコップ一杯の水を飲むですとか、お風呂上りにビールを
飲むような時、その動作をゆっくり行ってみてください。飲んだ水やビールが
喉を通っていく感じや、その味を「どんな感じかな?」と味わってみるのです。

いつも同じことを続けていると、動作も無意識になり、味わうも何もあまり
感じなくなってしまいます。だからこそ、普段無意識にやってしまう動作を
ゆっくり行うのです。そして、五感を使って味わってみるのです。

オフィスでは、なかなか動作をゆっくりすることは難しいかもしれません。
であれば、通勤など毎日歩いている道を、いつもよりかなりスピードを落として
歩いてみてはどうでしょう。

季節の移り変わりが目に入ったり、寒さや暑さを肌で感じることができる
はずです。また、いつもより早めに家を出て、途中、目に入ったカフェで
ゆっくりコーヒーを飲んでから出勤する。

いつもの近道ではなく、ちょっとしたまわり道をしてみるなどもお勧めです。
またはいつもと違う電車に乗って帰ってみる。その時、あなたの五感は何を
どのように感じるでしょうか。

このように考えると、いつもと同じ日常を、ゆっくり動く、五感で味わうという
ほんの少しの工夫で「非日常」にできる工夫はたくさんありますね。たまには
「非日常」を演出してみるのも、ストレス対処には有効なのです。

まとめ
ゆっくり動く、五感で味わうことを取り入れストレス対処を!

1 / 212
ページトップ