働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

最新記事一覧

第155話:自分を大切にするために、客観的に観察する視点を持とう

2017.10.21

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

D子さんはバツイチで、再婚前提にお付き合いをしています。相手の方も再婚者です。この度、転勤が決まって、再婚をするかどうかという話し合いになっているのだそう。

おめでたい話なのですが、肝心のD子さんは、気持ちが落ち込んでいます。というのも、この期に及んで決心がつかないのです。その理由は、相手の男性が自分を支配していると感じているのです。

気に食わないことがあると、当たり散らすなど、D子さんを思い通りにしたいという気持ちが強い人なのですね。そのため、D子さんの気持ちを振り回しては結果的に自分の思い通りにするのです。

時には弱々しくふるまい同情させ、またある時には、D子さんに暴言を吐くこともあるのだとか。この人と一緒になって良いのか、自分は本当に幸せになれるのかと悩んでいるのです。

E美さんは、エンジニアとして仕事にやりがいを感じて働いています。最近は、後輩に仕事を任すことも出来るようになり、自分は新しい仕事にチャレンジしてもよいと考えていました。

ところが、今回の異動で新しく赴任してきた上司が、E美さんのやる気をことごとくつぶしてしまうのだそう。ダメ出しばかりされて、E美さんは、次第に自信を失っていました。

二人の共通点は、相手の言動により自信を失わされ、自分がダメなのだ、能力がないと思わされているところです。ところが、これまで頑張ってきた過去を考えると、ここで辞めてよいのか、諦めてよいのかわからなくなっているところでしょうか。

相手に翻弄されてしまい、自分の本来の気持ちも見失っている様子です。そんな時は、今、自分におきていることを、自分のことではなく、他人のことを考えてみることをお勧めします。

つまり、あなたの大切な友人が同じような体験をしていたとしたら、あなたはどうアドバイスするでしょうか。きっと、もっと自分を大切にして欲しいと伝えるのではないでしょうか。

D子さんもE美さんも、相手とのお付き合いを解消する、仕事を辞めるなど、すぐに大きな結論を出す必要はないかもしれません。そうであっても、彼や上司に振り回され、価値感を押し付けられ、その通りに行動をさせられている「今の自分」を客観的に見て欲しいのです。

コントロールされることは、愛情でもなければ、指導でもありません。自分自身が自由に、そしてイキイキと働く、生きるという選択肢を奪われないで欲しいのです。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
相手に振り回されていると感じたら、自分を大切にする選択を!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第154話:良い人間関係が幸せに生きるカギ!そのためにするべきことは

2017.10.14

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。
                              
最近読んだ本の中で、衝撃度が強かったのが「ライフシフト」100年時代の人生戦略という本でした。2007年生まれの今、10歳の子供たちは50%が107歳まで生きるのだそう。

もちろん、私たちも寿命が延びてきていて、100歳まで生きるのがこれから当たり前の人生になるのだそうです。それには、医療や栄養、衛生など環境の変化も大きく影響しているのです。

そしてこの本が提唱しているのが、もはや60代で引退するという人生設計が成り立たないということ。若ければ若いほど、現役で働くという時期が長くなるのです。必然的に。

そうなると、お金も必要ですが、これまでのように65歳で現役を引退した場合の老後に必要なお金と、100年時代に必要なお金は全く違います。

少しでも長く、現役で、仕事をすることが求められるのです。
ということが書いてあります。思わず、ウーンとうなされてしまいました。

といっても、長生きが人生にとって恩恵となるような示唆もたくさん含まれています。それに必要なのが、働き方を変えること。それは、今、声高に言われている「働き方改革」とは似て非なるものです。

もっと柔軟に、変化に強くあらねばなりません。最も印象に残ったのが、人的ネットワークの重要性です。学生時代など、若い時に培ったネトワーク以外にどれだけのネットワークを持てるのか。

しかも「緩い絆」の人が、自分と違う考えや価値観を提供してくれる可能性が高いのだそうです。「強い絆」の人は、自分と似すぎているというわけですね。

そんな「緩い絆」を持つことがいかに重要なのかが、本を本でいてわかります。「緩い絆」の人と良い人間関係を築くには、いざという時、相手のためにどれだけ自分がお役に立てるか、それを提供できるかということが重要な気がします。

自分にだけ、「これをしてください」、「あれもお願いします」では、良い関係は育めないですよね。ですが、相手からもらうばかりで、自分からは差し出さない人。そういう人も少なからずいます。

そんなことをやっていることに気づいていない場合もあり、それも困ったものです。

今の時代、人的ネットワークをもう一度見直してみる時期なのだと強く感じました。そして、生きたネットワークにするためには、メンテナンスすること。「ください、ください」という方とは、この際、つきあい方を変えてもいいかもしれませんね。

まとめ
まずは自分から相手に差し出すことから、「緩くて良い人間関係」を広げよう!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第153話:嫌われることが怖くて自分にウソをついていませんか。

2017.10.07

自分関係®カウンセラー(臨床心理士) ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。                               

Rさんは、営業職でしっかりと成績を残しています。最近は、やりがいも感じ、イキイキと仕事をしています。というのも、実はプライベートで太極拳を始め、それが楽しくて仕方ないのだとか。

太極拳をすることで気持ちが落ち着き、しかも体も気持ちよいので、ちょっとしたきっかけで始めたのですが、今では生活の一部になっているとのこと。

また、その仲間との会話が楽しくて仕方ありません。職場の上司や同僚、また営業先では、これまで出会ったことのない価値観の持ち主も多く、刺激的なんだそう。

Rさんは40代に入ったところですが、仕事一筋でやってきたので、今後は社外に人脈を広げようと思い、積極的に行動しているのだとか。素晴らしいと思いました。

一方で、職場の同期から食事会に誘われるのだそうです。その食事会はRさんにとっては、これまで息抜きでもあり、ガス抜きでもあり、頑張れる源だったのです。

ところが、今ではすっかり色あせてしまって、むしろグチばかりでは、何も変わらない。時間がもったいないと思ってしまうというのです。

この気持ち、わらかなくもないですよね。Rさんのように外に目が向いて新しい刺激が入り、イキイキ働いていると、グチを言い合う仲間との関係は逆に面倒になってしまっているのです。

Rさんはそれでも食事会に参加し続けていたのですが、いい加減、自分の気持ちにウソをついていることに、我慢が出来なくなってきたと話してくれました。

ただ、同期に十分に感謝もしているし、自分の勝手な都合で、一方的に疎遠になることにためらいを感じていたのです。これは一見、Rさんの優しさのようにも見えますが、かえって残酷なのです。

ウソの気持ちで仕方なくつきあってもらう同期にとっても、Rさん自身のココロにとっても、本当は良いとは言えないのです。他人からどう思われるか気になり、いやな奴だと思われたくない!というRさんの行動は、相手も自分も傷つけているのです。

Rさんには、まず、自分の喜び、幸せとは何か、どんな時にその気持ちを感じるのかをじっくりと考え、話してもらいました。本当は、この気持ちを優先して、それに従って行動してよいのです。

Rさんは、このままだと、同期の仲間のことを嫌いになってしまいそうと言います。そのため、思い切って、今、自分が楽しいと思っていることを相手に伝えることにしました。

相手のためを思ってしていることが、実は相手と自分のココロを傷つけていることもあるのです。自分のココロを大切にして、自分を満たさなければ、結局のところ、他人にも優しく出来ないのですね。

Rさんとは、カウンセリングの中で、自分の好きなこと、その時の気持ちなどを話してもらうというワークを続けています。しだいに、自分を優先できるようになって、ますます内側から輝いているようです!

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
自分の正直な気持ちを欺くことで他人も傷つけている!まずは自分の幸せを優先しよう。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第152話:カウンセリングへの誤解!アドバイスが欲しいのに!

2017.09.23

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

先日、あるカウンセラー仲間と話をしていた時のことです。その方はメールによる相談を受けているのですが、最近、相談者の方の考え方が変わってきていると感じているのだそう。

「えっ?考え方って??」と思わず聞き返した私。
「今はね、ネットで検索するとすぐに欲しい答えが得られるからかもしれないのだけど、返信すると、自分はアドバイスが欲しかったのにもらえなかった、とか、自分の望んでいる答えではないと言われることがとても多いんだよね。」と言うのです。

これを聞いていて、「カウンセリングに対する大いなる誤解」として、よくありがちなことだ!と思いました。そうなんです。よくありがちなのです。

世間一般のカウンセリングへの誤解はたくさんあるのですが、アドバイスがもらえるところと思っている人が多いことに驚きます。でもそれは、正しい情報が発信されていないからでもありますよね。

なので、このブログでも過去に何度かお伝えしているので繰り返しになってしまうのですが、再度、きちんとお伝えしたいと思います。

カウンセリングの場面で、カウンセラーがクライエントさんの悩みに対して、「はい、これが答えですよ。」というアドバイスを行うということは、ほぼありません。

というか、お金を払ってまで真剣に解決したい悩みに対して、「はい、この通りにやってみてください」などと、いくら専門家であっても簡単には出せないのです。

いえ、専門家だからこそかもしれません。そんな簡単にわかったふりをして、答えを出すなんて傲慢すぎる!と多くのカウンセラーは思っているはずなのです。それに、カウンセラーに100%答えを求めるなんで、自分の人生を他人に丸投げしているのも同じです。

では、何をするところなのか。悩みについて、クライエントさんが安心してじっくりと向き合い、内省できる時間と空間を持ってもらうお手伝いをするのです。

もちろん、解決方法を一緒に考える場所でもありますが、一方的に答えを差し出すところではありません。

そう考えると、カウンセリングに向いている人というのは、自分の問題、課題、悩みを解決するために、人や出来事のせいにするのではなく、自分の心の中をみつめる力のある方、解決に向けて真剣に向き合うことが出来る方なのです。

でもこれって、言葉にするのは簡単なのですが、いざ、自分ひとりでやろうとすると、しんどいというのも事実。だから、解決を先延ばししたり、まわりの人や出来事のせいにしたり、見て見ぬふりをしてしまったりするのです。

それでも日常生活がなんとか出来ているのならば、今、あえて問題に向き合う必要はないかもしれません。ですが、なんらかの生き辛さ、日々に支障を抱えている方、それを自分ごととして真剣に解決したいと思っている方にこそ、カウンセリングはお勧めです。

さて、あなたはいかがですか?

しんどいかもしれないけど、悩みを先延ばしせずに解決したい!そのために自分をじっくりみつめたい!という方は、ぜひカウンセリングにお越しください。お待ちしております。

お申し込みはこちら

まとめ
お悩み解決には、真剣に向き合い、自分の心を見つめる力が必要!

まず、自分でやってみたい!と思われた方は、こちらのメールセミナーへご登録くださいね。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第151話:否定的な感情を持ち続けると幸せを感じられない理由とは

2017.09.16

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

悪いことばかりが起こる時って続きませんか。苦手なことをまかされたり、好きでもない人と関わることになったり、起こること全てが「あ~あ、ついてない」と感じてしまうような時。

また、そんな時に限って、部下がミスをしたり、子どもがいうことを聞かずに無理なことを要求してきたりと、まわりにもイライラしてしまいます。

不平や不満、イライラで心がいっぱいになってしまいますね。そんな時はどうしていますか。なんとか気持ちを変えようとしても、なかなか上手くいきません。

今度は、そんな状況にも腹がたったり、情けなく思ったり。そうこうしているうちに、ふとあなたに声をかけてきた同僚に対して、とてもキツイ態度をしてしまい、今度は自己嫌悪まで感じてしまう。

本当に悪いスパイラルにいるかのよう。特に、現代は情報が過多にも関わらず、すぐに決断をするよう突きつけられることも。イライラや不安を抱えながらの決断はすでに最初から判断基準がおかしくなっていますよね。

だから、嫌な気分でいることをそのまま放置していてはいけないのです。ますます嫌な気分になってしまうからです。

普段から私たちは、体調管理はもちろん、食事や睡眠など管理するように工夫しています。炭水化物を取り過ぎだと感じたら、翌朝の朝食は少なめにするなど、コントロールしているものです。

睡眠も同じです。睡眠不足だと感じたら、休日は少しゆっくりしようとか。意識的、あるいは無意識に、自分にとって良い状態になるよう何らかの行動をしているものです。

ところが、心の方はどうでしょうか。悪いことが続いて、不平不満、イライラ、自己嫌悪とどんどん悪循環が続いてしまうような時、きちんと感情管理をしているでしょうか。

感情は、相手や、出来事によって引き起こされると思っていたら、それは大間違いなのです。自分で選んでいるのです。「相手にイライラさせられた」のではないということです。

そう考えると、感情管理は自分でできます。もちろんそれには自分なりの工夫というのが必要で、これまで上手くいったことを試してみることから始めましょう。

まわりの知人や友人で、いつも穏やかな気持ちでいるような人に秘訣を聞いてみても良いかもしれません。嫌な気分でいることから、どうやったら良い気分になれるのか、それを知っている人こそが、ストレスに強い人であり、幸せを感じるのが上手な人なのです。

どうやっても、感情管理が難しいという人は、過去の出来事が影響しているかもしれません。ぜひカウンセリングを利用するなどして、一刻も早く、感情管理が上手な人になってくださいね。

まとめ
悪い気分でいることを放置しない。良い気分でいるための感情管理をしっかりと!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第150話:嫌なことがあった日こそやって欲しい、夜寝る前の新習慣

2017.09.09

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

・職場で異動してきた同僚が上から目線でどうも苦手
・口うるさいお義母さんとの関係が上手くいかない
・思春期の子どもがいうことを聞かずに困っている
・夫と別れようと思っているが踏ん切りがつかない

仕事がら様々なお悩みをうかがいます。もちろん、簡単には文字に出来ない深刻なお悩みもあります。カウンセリングでは、解決のため、気持ちの整理のため、じっくりと時間をかけていきます。

多くの方が複数回に渡ってカウンセリングをお受けになり、1回で解決するということは、ほとんどありません。ですが、1回終わるごとに、できるだけ良い気分、前向きな気持ちになってもらうよう心がけています。

つまり、
・話ができてすっきしした、
・不安な気持ちが少し小さくなった
・具体的にやるべきことがわかって嬉しい
など、ほんのちょっとの良い気分で終われることを目指しています。

良い感情を感じることで、未解決の問題に対する気持ちが変わることもあり、「どうにも嫌なこと」「辛いこと」というのが、「時間はかかるけど、どうにかなりそうなどと」などと、その問題、課題に対する見方や感じ方さえ変わることもあるからです。

普段の生活でも実は同じです。一日のうち、気分が落ち込んだり、不安になることがあったのであれば、夜寝る前、つまり一日の終わりに、できるだけ良い気分になれるように工夫して眠りにつきましょう。

そのためには、寝る前に、その日一日を振り返ってみることをお勧めします。そして必ず、良かったことや有難いなと思ったことを思い出し、良い気分になりましょう。

逆にやってはいけないのが、「あ~、あの時、こう言えばよかった」とか「なんであの人はいつもイライラをぶつけてくるのかしら」などと、反省したり嫌なことを思い出すことです。

思い出して何度も嫌な気分を味わう人がいますが、それでは、嫌な気分がますます増長していってしまいます。鬱々と落ち込んでしまいます。

なので、寝る前は、自分が良い気分になれることだけを思い出したり、イメージしたりしてくださいね。そのために、日々、物事の良い面を見るクセを付けていきましょう。

最初はあまり上手にできなくても、やっているうちに段々と上手になりますから、ご安心あれ。ぜひ今晩からやってみてくだあいね。

まとめ
寝る前に一日を良い気分で振り返る習慣をつけよう!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第149話:職場で自分らしく振る舞えず窮屈。あなたにお勧めは○○

2017.09.02

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

40代のL美さん。いつも以上に興奮して話し続けています。彼女は正義感が強く、相手のだらしなさや、曖昧さ、そして間違ったことが大嫌いで、受け入れられないのです。

そのため、まわりともよく衝突してしまうのですね。最近、どうしても許せないのが、職場の先輩。40代後半の男性社員で、最近、L美さんが所属する部の部長に就任しました。

部長の考え方が、どうしてもL美さんには受け入れられないのですね。というのも、彼が部長になってからというもの、女性に対する評価が厳しくなっており、女性の能力を評価していないのだそう。

L美さんの方は、これまで積極手に発言し、自ら行動することで、営業の成績はトップクラス。そんなL美さんがうっとうしいのだというのです。

これまで積極性や行動力が高く評価されてきたL美さんですが、その彼女の長所が、新しい部長の前ではことごとく否定されてしまうのだとか。

「それは、君の仕事ではないから、やる必要はない。」とL美さんが自ら動こうとすると、釘を刺すのだそうです。そのため、これまでの部の雰囲気と異なり、女性蔑視的な雰囲気が蔓延しつつあると主張されます。

このような状態は辛いですよね。これまで頑張っていたことが否定されるのですから。ただし、L美さんは多少極端なところがあるので、本当に全否定されているのかしら?と思いつつ話を伺っていました。

L美さんは、このような古い体質、古い考え、雰囲気を変えたいと話されます。そのために、自分が出来ることをしたいとのこと。
カウンセリングでは、具体的に何をすべきか一緒に考えました。

こんな風に伝えてみたらどうだろうか、というところまで考えがまとまりつつあったのですが、L美さんの顔は曇っています。理由を聞いていくと、「これをすることで、自分はもっと職場に居づらくなるのではないかと心配になった。」と話してくれました。

おやおや、実際に行動しようとすると、先ほどの勢いがトーンダウンしてしまったようです。ですが、これは、弱気になったということではなく、L美さんの場合は、自らの極端な行動、言動を少し冷静にみられるようになったという良い兆候でした。

L美さんは続けます。「間違ったことは間違っていると伝えるべきだと思いますが、今、真正面から部長に伝えても、おそらく頭ごなしに否定される気がする。だったら、もう少し様子を見て時間をおいて考えたい。」とのこと。

今回のL美さんのケース。自分には関係ないとか、こんな人もいるんだと思いながら読まれた方もいるかもしれませんね。ですが、職場が楽しめない、自分らしくふるまえないと感じるお悩みだとしたら、「あ、そういうことあるかも。」と思われる方もいるのではないでしょうか。

職場で自分らしくふるまえない、窮屈であっても、それを割り切って、こんなものでしょと思えるのなら問題ありません。

が、そうでない場合、職場以外に自分が所属していると思えるようなグループ、コミュニティを複数持つことをお勧めします。ヨガ教室だったり、英語のレッスンだったり、とにかく職場以外に仲間と集える時間や空間を持つこと。

このような仲間は、職場で行き詰った時やストレスを感じた時にも支えになってくれるものです。もちろん家庭が居場所というなら素晴らしいですが、職場以外の自分の居場所づくり。出来れば早めに行動することをお勧めします!

L美さんもまずは、仕事と家庭以外の自分の居場所づくりから始めることになりました。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
職場が窮屈だったら、自分らしく振る舞える居場所を複数もとう!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第148話:嫌なことが頭から離れない時。考えないようにする方法は

2017.08.26

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

普段、よく相談を受けるのが、
・気持ちの整理がしたい
・上手な気分転換の方法を教えて欲しい
・嫌なことを考えないようにするにはどうしたらよいのか?
ということです。

例えば、こんな場合です。
職場で隣に座っている人が、急に自分を避けているように感じる。自分はその理由に思い当たりがない。同僚を通じてさりげなく理由を聞いてもらったところ、避けているつもりはないとの答えが返ってきた。

なすすべがなく、なんとか日々過ごしているが、自宅に帰ってからも、このことが頭から離れない。あまり考えないようにしようと思うのだけど、どうしたらよいのか。

という感じです。実は似たようなお悩みは本当に多いのです。相手が職場の隣の人ではなく、ママ友だったり、スポーツクラブの知り合いだったり、こちらは心当たりがないのにどうして?と。

こんな時、相手を問い正したところで、納得のいく答えが返ってこないことが多々あります。そこで、気持ちの整理をする、あまり考えないようにするというのは、大変良い対処法なのですが、どうもそれがなかなか上手くいかない・・・

こんな時は、「このことを考えないようにしよう」と思わないようにしてくださいとお伝えしています。というと、皆さん、「えっ、なぜ?」とおっしゃるのですが、考えないようにしようとしても、考えてしまうからというのがその答えです。

このこと、つまり、職場の隣に座っている人のことを、考えないようにしようとしていること自体が、すでに相手のことを気にしているということ。もっと良い方法は、隣の人のことから意識をそらすということなのです。

そのためにお勧めなのが、「別の楽しいこと、嬉しいこと、何か前向きな気持ちになれるようなことを考えること。」そして「その感情を味わうこと。」なんですね。つまり、感情を上書きするということです。

手っ取り早い方法は、良い気分になれる音楽を聴いたり、映像を見たり、好きな香りをかいだり、あなたの五感を刺激して、良い気分になること。

すぐに思いつかない場合は、この半年くらい間で、良い気分になったことを思い出してみてください。そして、そのことをありありと映像として思い出し、当時の感情を味わってもらいたいのです。

気分転換するには、良い気分で感情の上書きをすることが効果的なのです。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
良い気分を味わい、感情を上書きして上手な気分転換を!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第147話:相手の態度が急変!自分が悪いのではと思い悩まない為に

2017.08.19

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

職場の人間関係のお悩みで意外と多いのが、「これまで親しくしていた同僚の態度が急に変わってしまった。無視されているようにも感じる。」というものです。

同僚の場合もありますが、上司であったり、部下であったりします。理由がわからないだけに、戸惑い、「自分が何か悪かったのだろうか」と思い悩んでしまう方もいらっしゃいます。

このような場合、私たちはすぐにでも関係を回復して、以前のような心地よい状態に戻りたいと願います。そのためにはどうしたらよいのか?と悩んでしまうのです。

相手の態度が変わった理由について、本人に直接聞いてみるのも良いですが、それが難しい場合は、他の同僚などに意見を聞いてみると良いでしょう。

それで解決法のメドが経ち、自分が悪かったと思うのであれば、そのことを相手に伝え関係回復のための努力をすれば良いのです。ですが、多くの場合は、理由がわからないのです。

そんな時は、急いで解決しようとしないことが肝心。居心地も悪いし、気持ちも晴れずに辛い時期ではありますが、ここで焦る必要はありません。

相手の態度が一時的なのか、そうでないのか、見極めるという意味でも大切な時期となります。業務上に支障が出るほどの関係悪化になってしまったら、上司やしかるべき立場の方に相談しましょう。

相談の仕方で重要なのは、相手との人間関係という枠組みで話さないこと。気のせいだとか、上手くやってよ、などと言われてしまう可能性があるからです。

そうではなく、仕事に支障が出ている、どうしたらよいかと客観的事実を伝え、相談してください。

また、相手の機嫌をとったりする必要もありません。といっても気になるところではありますが、そもそも理由がわからないのですし、相手の感情を変えることはできないので無駄なのです。

もしかすると、あなたとは関係ない、全く個人的な事情があるのかもしれないからです。必要以上に、相手の顔色やご機嫌に振り回されないようにしましょう。

他にも職場以外に自分の居場所を作ってくことが大切です。このことをきっかけに、習い事でもなんでも、同じ目標や価値観を持った人脈作りをしてみてはどうでしょうか。

まとめ
相手を冷静に観察してみよう!仕事に支障があれば相談を!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第146話:やりたいことを夢で終わらせない!必要な行動化とは。

2017.08.12

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

30代、40代と年齢が変わる時、ふと、「このままでいいのかな」と考えることは男女ともに多いようです。

特に私がカウンセリングをお受けしている中で感じるのは、女性は自ら良い意味での年齢制限を自分に課していて、何歳までには何々をしていたい、何々ができるようになっていたいという方が比較的多いということです。

先日もそのような方のキャリアに関するご相談でした。キャリアというと仕事に関する相談と狭い意味で捉えられがちですが、実は「どんな仕事につくか。」というのは、「どんな生き方をするか。」につながっているので、キャリアに関する相談は、生き方に関する相談でもあります。

さて、R美さんは、キャリアチェンジを考えていました。今は企業で営業の仕事についていらっしゃるのですが、将来、若いお母さん向けのセミナー講師になることを決意しました。

ご自分の経験を生かして、若いワーキンングママさんたちを応援したい。そのためには、コミュニティを作って、毎回そこで研修というか、セミナーを開催したいのだそうです。

仲間づくりと勉強のお手伝いをしたい、と熱い想いを語ってくれました。ゴールといいますか、目指す方向が決まると今度は、そのために何をすべきかを考えます。

実はすべきことはいくつもあるのですが、それを横に並べてしまうと、たくさんありすぎて不安や恐れの感情が出てきてしまうことがあります。

そのため、横ではなく、優先順位をつけて縦に並べてもらうのです。優先順位で特に大切なのは、今すぐに出来ることを1つか2つ選びだすこと。

そしてまずは、その選んだことに取り掛かることなんですね。つまり行動化するということです。「考える」というステージから実現にむけて「行動する」というステージへの第一歩というわけです。

この「行動する」ステージへ移行するということは、大きな意味を持っています。というのも、意識が変わり、見える景色も変わるからです。そして何より、夢の実現のために自分はすでに行動しているという気持ちになるからです。

そこで、「無謀じゃないか」「もっと慎重になれば」「無理なんじゃない」などと根拠のない批判をしてくる人がいても気にしないこと。ほとんどが自分の不安をあなたに押し付けているか、あるいは無責任に言っていることだからです。

R美さんは、この段階で、営業の仕事をしながらも出来ることとして、コミュニティ作りを始めました。SNSなどを通じて宣伝と仲間集めを行っています。

また、R美さんにとって、一番の収穫は、コミュニティづくりをしていく中で、今の営業のスキルが活かされると気づいたことです。ここ数年、R美さんは自分が営業に向いていないのではないかと悩んでいたのでした。

そもそも他のことにチャレンジしたいと思い始めたのも、そのような気持ちがあったからでした。ですが、今では、営業の仕事が自分のやりたい夢実現のために大いに役に立っていると話されています。

そのため、営業の仕事も以前に比べ熱心に取り組むようになり、少しずつ楽しくなってきたとのこと。これも「行動」のステージに移行できたからこそ感じることが出来たのですね。

さて、R美さん。営業の仕事でももっと数字を上げたいと欲も出てきました。一方で、コミュニティづくりも少しずつ、時間を捻出して続けています。どんどん夢が広がっています。

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
キャリアチェンジに必要なのは、「行動」のステージへ早めに移行すること。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ