40代働く女性 人間関係 キャリア 自信がない悩み解決なら /自分関係® 臨床心理士 公認心理師 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

キャリア

「若手には敵わない」と感じた40代が考える今後のキャリア

2022.05.09

「最近、どうしても20-30代の後輩たちには、仕事でかなわないと思っているんです。

 

記憶力、行動力、そして図々しさみたいなもの、もう私にはありません(苦笑)。」と話してくれたのは、IT関係にお勤めのKさん。

 

特にIT関連のお仕事は、技術の進歩が速くて新しいことに追いついていくだけでも大変なのだとか。

 

そのため、Kさんのモチベーションは下がる一方で、こんな気持ちで仕事を続けてよいのだろうか?と自分への嫌悪感にまで大きく膨らんできているのです。

 

かと言って新しい分野の仕事に今からチャレンジするのも億劫で・・・と正直な気持ちを話してくださいました。

 

Kさんのように、40代に入ると、自分たちより若い世代の頑張りに圧倒されることもよくありますよね。

 

Kさんのお仕事は、実は会社から期待されている部署なので、Kさん自身が評価されていないというわけではないのです。

 

だけど、若い人たちに囲まれて、自分らしさを発揮できない・・・
それどころか、足をひっぱられている感じすらしてしまう・・・

 

それだけ、40代にとっては、働き方や、どんな仕事を続けるかを考える、そして可能なら変更してみるというターニングポイントなのでしょうね。

 

ですが、簡単に転職ができるわけでもありません。

 

40代からの転職であれば、全くイチからの経験を積ませてもらうというのは、難しいと考えるのが一般的でしょう。

 

そんな時、どう考えたらよいのでしょう。

 

Kさんのように自己嫌悪に陥ったら、どう気持ちを立て直したら良いのでしょう。

 

BlogA今日は、貴女が将来の自分のキャリアを考えた時に、ブレずに気持ちを立て直すヒントをお伝えしていきますね。

 

まずは、今の仕事を少しでも楽しむためのヒントです。

 

ずばり、若い人たちと同じ土俵で勝負しようとしないことです。

 

記憶力やスピードなどの能力は、40代で頑張ってこれから伸ばす能力ではありません。

 

これから伸ばすのなら、コミュニケーション力や調整力、物ごとを俯瞰的にみる力だったりします。

 

そして大切なことは、自分の苦手なことや弱点は、できるだけ得意な人にやってもらうということです。

 

会社組織の中で、自分の苦手を上手くカバーしてくれる人材が近くにいるなんて、そんな都合の良いことは少ないかもしれません。

 

でも、40代ならば、出来ないことを出来るようにするのではなく、出来ることや得意なことを、もっと伸ばすということに力を注ぎましょう。

 

そしてもう1つお勧めしたいことがあります。

 

それは、職場以外の自分の居場所をつくることです。

 

居場所というのは、もちろん趣味や習い事での仲間でも良いのですが、職場以外に仕事のことや、日常生活のことを話すことができる居場所であるとなお良いと思います。

 

自分が成長できると実感できるような居場所のことです。

 

BlogBそこで、普段自分の職場の価値観とは違う価値観にふれることも出来るし、貴女の仕事や仕事に対する姿勢を色眼鏡なしに、きちんと「評価」してくれる人もいるはずです。

 

実は私自身も、そんなコミュニティを作りたいなと思っているのですけどね。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

もし、自分の得意なことがよくわからない、見えていないという方は、これまでの自分のキャリアを一度振り返り、棚卸しをしてみることをお勧めします。

 

そして、その内容を、信頼できる人に見てもらい、感想を聞いてみましょう。

 

自分が「こんなことは強みにはならない・・・」、「出来て当たり前のこと」と思っていたことが、他の人にとっては、「すごいこと」だったり、「出来るなんて羨ましい!」と感じることだったりすることもあるのです。

 

若い人たちと同じステージで戦うのではなく、40代からの自分のキャリアの広げ方について、一度、立ち止まって考えてみてくださいね。
そしてこれを40代のうちにやっておくこと!

 

特に、50代からキャリアシフトをしたいと思っている方は急いでください。

 

40代にやっておかないと、視野も狭くなり、選択の幅も小さくなってしまいます。

 

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

 

まとめ
40代は、若手とは競わない。50代以降のキャリアを早めに準備しよう!

40代からのキャリア転換。重要なのは早めの意識と準備。

2022.04.11

「自分にどんな仕事が向いているのかわからない。ただ、今の仕事を続けている未来も見えてこない・・」

 

先日、50代の男性から相談を受ける機会がありました。

 

ハッピーハートコンシャスは40代女性専門のカウンセリングなのですが、私は企業とも提携してカウンセリングを行っているので、その仕事を通じてのご相談でした。

 

大手企業を早期退職して退職金はしっかりもらい、お子さんもだいぶ大きくなったのでこれから新たに教育資金が必要ということもないとのこと。

 

「老後についてはあまり心配していなかったのですが、といって、このまま働きもせず年を重ねることは考えていない。

 

まだまだ元気だし、もっと働きたいと思っています。」と力強く話されました。

 

「でも、この会社に転職してから本当に自分がやりたいことが出来ているとは思えません。やはり年齢の影響もあり、これまで自分が最も得意としてきたコンピューター関係の仕事は、若い人にしか求人がなかった。

 

でも、20年以上、この分野でのキャリアもあるしなんとかなると思っていたのが甘かったです。

 

結局は、全く畑違いの仕事のつくことになった。しかも不本意な形で。

 

いや、新しい仕事を覚えるのが大変なんですよ。これなら、もっと若い時期に、将来コンピューター以外の仕事につく可能性も考えて準備をしておけば良かったです。」と話されました。

 

あらためて年を重ねてからの転職の難しさを感じました。

 

たとえこれまでのキャリアを活かせないとしても、もう少し早い時期にコンピューター以外の「自分が少しでも興味のある分野の仕事」に関して調べる、準備をする、そして若いうちに経験をしておけば結果は違ったのではないのかなとも思えるご相談でした。

 

と同時に、毎日が忙しくて、今後の仕事のことを考える時間的、精神的な余裕もなく、まだまだ大丈夫と先延ばししてしまうのですよね。

 

BlogA私も転職経験していますし、わかります。

 

また、仕事を続ける、辞めるという選択はとっても大きな決断なので、そもそも決めきれないわけです。

 

だから、「なんとかしなくちゃなあ・・」と考えているだけで、なかなか自分一人で決断できない。だから先延ばしになってしまうのですよね。

 

このブログを読んで「私も似たような状況かも・・・」と思ったそんな貴女に、まず、今すぐにやってお伝えします。

 

どうかどうか、1日でも早く「この仕事を本当に続けたいのか」を自問自答してみてください。

 

経済的な理由や、健康面、あるいはやったことがないからという能力の面は少し脇に置いておいて、今この時の自分の気持ちにだけ素直に従ってみてくださいね。

 

そしてなんらかのモヤモヤや違和感があれば、それを簡単に否定しないで欲しいです。

 

それだけで転職を決意する必要はないし、じっくり時間をかけてもかまいません。

 

でも自分が感じる「違和感」をないものにはしないでくださいね。

 

そしてもし、「こんなことをやってみたい。」という考えがぼんやりとでも浮かんだのであれば、そのことについて少しでも良いので調べてみましょう。

 

BlogB実際に貴女がやってみたいことをすでにやっている人のことを調べても良いし、そんな方が近くにいるのであれば、ぜひ思いきって話を聞いてみて欲しいです。

 

まずはそこから始めてみてくださいね。

 

貴女が「この違和感って、だいぶ前から持っている。それから何も変わっていない。」とか、「なんか不安な気持ちが出てきて、一人では考えるのが辛い。」なんて感じたのであれば、ぜひ専門家の力を借りて、キャリアコンサルティングを受けてみてください。

 

ハッピーハートコンシャスでも2022年から正式にキャリアに関する相談を開始します。

 

キャリアに特化した相談です。コース制です。

 

自分の特性や強みがわからないやりたい仕事の将来の展望など1人で考えていると行き詰まるし、不安になってしまうという方には特にお勧めです。

 

まとめ
キャリア転換を希望するなら、1日でも早めに準備しよう!

今の仕事が好きになれない方は必読!ハッピーになる働き方

2022.03.14

3月に入り、もうすぐ2022年度を迎えます。

 

なのに、Aさんはこの世の終わりかのように、ため息交じりに話されます。

 

「今年も1年が過ぎてしまった。私は、本当はこの仕事に興味が持てないのに惰性で1年、何もせずに過ごしてしまった・・」と嘆いているのです。

 

実はAさん、今年、あることがきっかけで、外部のコミュニティーで活動したのですね。その時のやりがい、仲間のキラキラした笑顔が忘れられなくなり、自分もこんな活動をしたいという気持ちが強くなってきたのです。

 

だから余計に今の仕事に興味が持てなくなっているんですね。

 

でもAさんの現在の仕事は、少し専門知識が必要な業務で、家族を含め、まわりが「辞めるなんてもったいないよ!」というので、転職したいなあという気持ちがあったのですが、なかなか行動に移せないでいたんです。

 

私自身も、大学院を卒業してから、心理専門職になると決めていたのですが、なかなか会社員を辞められなかったので、Aさんの気持ちは少しわかります。

 

BlogAでも、やりたいことがあるのに、行動できないことがとっても悔しくて悩んでいました。

 

決断できない自分がこの状況を引き起こしていたのですが、心ここにあらずというか、常に葛藤を抱えていました。

 

Aさんも、今の仕事をすぐに辞めることは出来ないと話されています。でも、目の前にある仕事に興味が持てない現状にも心を傷めていたのですね。

 

興味が持てない仕事を続ける意味は?と常に悩んでいました。仕事を好きにならなければならないと少し決めつけているようにも見えました。

 

そんな時の私のアドバイスは1つ。

 

「今の仕事に興味が持てないことをそのまま受け入れよう」ってことです。

 

今は決断せず、先延ばしにするというのもひとつの「決断」です。

 

好きになる必要はないし、お金のため、今は決断ができないから・・・と割り切って良いと思っています。

 

興味が持てない仕事を続けるのはストレスでもありますが、その仕事を好きにならなければならないというもう1つのストレスからは解放されるのではないでしょうか。

 

それで良いのです。

 

カウンセリングでよく聞かれるのが、「正解はなんですか?」ってことです。

 

でも正解をカウンセラーが出すことは出来ません。しかも、正解は人によってそれぞれという場合も多いです。

 

だから、「貴女の気持ちが少しでもラクになるなら、それが今の正解です。」とお伝えしています。

 

でも、ここで終わりにしてAさんを突き放したりはしませんよ(笑)

 

他の仕事にチャレンジしてみたい!というAさんの気持ちは変わらないからです。

 

BlogBそんな時は、Aさんのその気持ちをカウンセリングで掘り下げていきます。

 

 

 

何が嫌なのか
何がしたいのか
転職して何を得たいのか
Aさんの得意なこと、好きなことは何か
逆に、絶対にしたくないことは何か

 

たくさん質問をしながらAさんに言語化してもらうのです。

 

そして、将来Aさんが目指す
ハッピーキャリアを明確にする!
という(心の)作業を一緒にやっていきます。

 

これがハッピーハートコンシャスのキャリアコンサルティングです。

 

キャリアコンサルティングでは、Aさんにどんなキャリアがあるのかを振り返ってもらったり、自分のやりたいことと、社会から求められていることの接点を考えてもらったりと、とにかくワークをしながら進めていきます。

 

2022年春、新しいキャリアを目指して始動したい!

 

40代の今、転職を具体的に考えてはいないけど、50代からのハッピーキャリアを考え、

 

今から準備したい!という方は、ぜひ体験カウンセリングを受けてみませんか。そして、貴女の望むハッピーキャリアについて、一度じっくりと考えてみませんか?
そして、キャリアに関する以下の記事もぜひ読んでみてくださいね!

 

「なりたい自分」、「将来やりたいこと」を見つける3つの視点

本当にやりたい仕事を手に入れるために、今やるべき3つのこと

 

まとめ
仕事を無理に好きになる必要もない。転職を急がず先延ばしする選択肢もある。

 

リーダーになりたての貴女へ 固定観念で自信を失った時の対処法

2022.01.24

まわりの顔色をうかがってしまう。
遠慮してはっきり言うことができない・・・

 

チームリーダーになったばかりのSさんは、責任感が強く、これまでも真面目に仕事に向き合ってきました。その姿勢と成果が評価されてチームリーダーになったのですが、Sさんは自信がありません。

 

というのは、Sさんにはリーダーとはこうあるべきという考えがあるからなんです。
「リーダーは強くなければならない。まわりを引っ張っていかなくてはいけない。」

 

これまでSさんが、リーダーとして素晴らしい方だと思ってきた方も、思っていることをはっきり伝えてチームメンバーの士気を上げていくタイプでした。

 

BlogAだから、Sさんは、自分はそんなリーダーになれないと悩んでいるのです。

 

自信がないから、さらに縮こまってしまいまわりの顔色をうかがってしまうのです。言いたいことも言えずに遠慮してしまうのですね。

 

Sさんは、理想とかけ離れた自分の姿にますます自信をなくすという悪循環になっていたのです。

 

女性の場合、管理職登用が進んでいるとはいえ、まだまだロールモデルも少ないですよね。また、今現在40代女性の場合は、上の世代が、総合職が出来たばかりの時代の入社でその時代に管理職になった彼女たちとは価値観も働くスタイルも異なり、ロールモデルにはなりにくいという声も聞きます。

 

今日はSさんのような自信が持てない人が、少しでも自信を持てるようになるためにはまず、何をすべきなのかをお伝えします。

 

Sさんが自信をもてない理由に「リーダーは強くなければならない。まわりを引っ張っていかなくてはいけない。」と思い込んでいるというのがあります。

 

このような思い込みは、実は自分で自分を苦しめてしまうことがあるのです。

 

理想像に近づけないと自分自身を貶めてしまっているからです。

 

だから、Sさんがすべきことは、この思い込みを手放すこと。

 

職場でまわりを見渡してほしいのです。今、リーダーとして上手くやっている方はどんなタイプですか?その方のどんな点が上手く行っている理由なのでしょうか?そんな視点でぜひまわりを見て欲しいのです。

 

今、強いだけのリーダー像は、少し時代遅れとも言われています。チームメンバーが多様化する中で求められるのは、メンバーの話にじっくりと耳を傾けるリーダーだったり、メンバーの背中を押してやる気を引き出す人だったりします。だから、これまでの自分の思い込みを手放し、「今の自分ができそうなこと」から始めて欲しいのです。

 

BlogBSさんの場合だったら、チームメンバーが納得するまでじっくりと話を聞くことでした。そうやって、自分なりのリーダー像をつくっていけば良いのです。

 

理想像に自分を近づけるのではなく、自分が出来ること「自分らしさ」を優先するのです。

 

ぜひ自分らしいリーダーの在り方を少しずつ取り入れていってください。

 

Sさんのように自分が描いている理想像に勝手に押しつぶされそうになっている方が多くいます。自分が持つ固定観念に気づけず、自分らしさを押し殺してまで、頑張ろうとしてしまっています。
また、40代にもなれば、自分の苦手なことを克服するのではなく、自分の得意なことを生かす働き方でも良いのではないでしょうか。

 

ハッピーハートコンシャスでは、40代の働く女性が不安やネガティブ感情をコントロールして、自信を持ち、自己主張できる「しなやかで強いメンタル」を手に入れ、自分らしく働くことが出来るようになるプログラムを行っています。

 

興味のある方は、ぜひ体験カウンセリングをお申し込みくださいね。

 

まとめ
固定観念は、時に自分を苦しめてしまうことを知ろう

会社を辞めたい!と思った時、まず最初にやること1つ

2021.12.13

「会社を辞めようと思うんです」
様々な理由でこの言葉を口にする方の相談を日々お受けしています。

 

すでに体調や精神状態が不安定になっている方もいます。

 

理由は本当に様々です。営業職で成績が芳しくない、そのため上司から日々叱責を受けている。あるいは転職したものの環境の変化についていくのがしんどい。以前、会社勤めをしていた自分も同じように悩んでいたので、気持ちがわかります。

 

ですが、まずお伝えすることは、会社を辞めるのは最後の手段ですということ!!特に心身が不調の時、そのような大きな決断をすること事態がさらなるストレスになります。だから最後の決断なのです~

 

BlogCといって、不調のまま仕事を続けることも燃え尽き症候群に陥る危険が大ですので、まずは休養することが大切になってきます。会社を辞めるためにも最優先は体調を良くすることです。このことはぜひ覚えておいてくださいね!

 

この順番を間違ってしまうと、その後の就活にも影響が出てきます。会社を辞めて次の職場で活躍するためにもまずは心身の健康を取り戻すことからはじめましょう。

 

一方で、体調不良はないけど、「このままこの仕事を続けていていいのか迷っている」「ここで自分が本当にやりたいこと、やり残したことにチャレンジしたい」という方もいます。

 

このモヤモヤタイプの方は、一度冷静になって、自分のこれまでのキャリアを振り返ってみるとよいでしょう。

 

この振り返りをせずに、とにかくエージェントに登録して転職活動を始めてしまう方がとても多いのですね。

 

これでは途中で迷うこともあるでしょうし、迷いは見抜かれてしまいますよ!

 

だから、必ずキャリアの振り返りをしましょう。

 

いわゆる「キャリアの棚卸し」ですね。

 

「キャリアの棚卸し」の方法は次の3ステップで。

 

BlogAまず、最初のステップは、これまで経験した業務、職種、職位や、それぞれの仕事から得られたスキル、能力、経験や成果などを書きだすことです。業務に関連が有る無しに関わらず、資格も書きだしましょう。
ここで大切なことは、プレゼンテーションスキル、コミュニケーションスキル、新しい環境へ馴染みやすいなどの、自分の強みも書き出すことです。

 

あるいは、情報収集力や、それをパワーポイントにまとめる力なども良いでしょう。

 

次のステップは、自分だけで行うとキャリアの過小評価をしてしまうことが良くあります。だから、どなたか信頼のおける仲間に、書き出したものをを見て質問してもらうといいですね。

 

こんなこと業務上できて当たり前だと思っていたことが、経験のない人にとっては、「すごいこと」だったりします。他者からどんなことが、どう評価されたか実感してください。

 

最後のステップは、仕事上であなたが「やりがいを感じた」「楽しいと感じた」など感情面で印象に残っていることを思い出すことです。

 

BlogB「○○と言われて嬉しかった」という体験はないでしょうか。気持ちが動いた体験というのが、スキルより重要な時もあります。本当にあなたがやりたいことや得意なことにつながっていることもあります。

 

どうでしょうか?

 

キャリアの棚卸しをしてみて、書き出してみて、自分のやってきたことを客観的に眺めてみましょう。

 

その上で、もしまだ今の職場でやれそうなことがあれば、今からチャレンジするのもひとつの選択肢です。それを職場で経験してから転職しても良いでしょう。

 

あるいは、本当に自分のやりたいことや得意なことが見えてきた場合、副業として出来ることはないでしょうか?もし転職するなら、現時点で手に入れておきたいスキルはないでしょうか?

 

そんな感じで「したたかに」「戦略的に」動くのですよ~

 

私が心理専門職にキャリアを180度変えた時代に比べ、今は副業も容認されている職場もあれば起業や独立へのハードルも低くなっているのです。

 

人生100年時代、40代の貴女が、これからの人生、どんなキャリアを作っていくのか、を心から応援しています。

 

今、真剣に「キャリアの棚おろし」をして将来のキャリアについてじっくり考えたい方、転職活動を前にこれまでを振り返りたい方、ぜひ体験カウンセリングを申し込みくださいね。

 

まとめ
転職するのは最後の手段。まずはキャリアの棚卸しから始めよう!

仕事がつまらなくなった。会社を辞めようかと悩んだ時にすべきこと

2021.02.20

第259話:仕事がつまらなくなった。会社を辞めようかと悩んだ時にすべきこと

 

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の髙橋雅美です。

 

ハッピーハートコンシャスにお越しになるのは、30代後半から40代の働く女性なのですが、30代後半のL美さんは将来の仕事について真剣に悩んでいます。

 

L美さんが勤めているのは、大手企業。名前は知らない人がいないという程の有名企業です。

 

そのため、会社内での競争もなかなか厳しいのですね。L美さんは、入社して以来、会社から、常に成長することを求められていたと言います。そして、それに応えるための努力も惜しまずに頑張ってきました。

 

業務量が増えたり、少し難しい仕事にチャレンジさせられたり、最近ではチーフという立場で20代の若い社員をまとめるリーダーとしても活躍することを求められているのです。

 

実際のL美さんは、物怖じしない性格で努力家で、要求されたことには、ほぼ100%に近い成果を出してきました。それだけの力があるのです。

 

BlogAところが、最近、この働き方に疲れてきたというのです。「もっと、もっと」という会社からの要求に対し、月曜日の朝は気持ちがブルーになり「行きたくない」という気持ちをなんとか奮い立てて出社するという状況にまで追い詰められていました。

 

詳しく話を伺っていくと、L美さんは昨年のコロナ渦で、いろいろと将来を考える時間があったそうで、40代からは働き方全般を見直していきたいと思っていたといいます。

 

とはいえ、具体的にそう動いたら良いのかわからず、その葛藤をずっと抱えていたのですね。そのことも、L美さんを苦しめていたようです。

 

転職しかないの?

実はL美さんは、これは転職するしかない!と思っていたのです。このままこの会社で働いていくのは難しいだろうと感じていたのですから仕方ないかもしれませんね。でもちょっと待ってください。

 

辞めるのは簡単ですが、その後の「キャリア未来図」を持たずに辞めるのはもったいないからです。

 

あなたが出来ることは何?

BlogBここで重要なのは、まず、これまでの自分のキャリアをしっかりと振り返ることです。具体的には、自分が出来ること、やりたいことを書き出してまとめてみるのです。

 

「出来ること」は可能な限り詳しくです。そして、「出来ること」の中には「マーケティング」とか「広報」「営業」という言葉だけではなく、たとえば、「人の話を傾聴する」「チームをまとめる」、「新しい業務をゼロから実践する」など、自分の強みとなる能力についても書き出してみましょう。

 

貴女の「得意なこと」をしっかり棚卸しして欲しいのです。

 

やりたいことを言語化する

次にやることは、「やりたいこと」を言語化するということです。どこで、どんな仲間とどんな仕事をしたいのか。遠慮せずに書き出してみましょう。その仕事をしながら、どんな人生を送りたいのかもぜひ考えてみてください。

 

やりたいことが言語化できたら、もう少し深掘りします。例えば、貴女のやりたいことは、誰かや社会を幸せにしますか?誰かや社会の困りごとを解決しますか?世の中から求められていますか?そしてお金になりますか?貴女の得意なことを活かしていますか?

 

BlogCそんな視点から、今一度、自分が書き出した「やりたいこと」を眺めてみてください。

 

L美さんは、現在の仕事で忙しいながらも、副業が認められている環境のため、「やりたいこと」は、副業として少しずつやってみることにしました。その準備を始めています。

 

今の働き方や仕事内容になんとなくモヤモヤを抱えている方は、誰かに相談したとしてもそのモヤモヤは解決しないのです。最初にやるべきことは、「これまでのキャリアを振り返りながら自分自身としっかり向き合うこと」なのです。それをせずに、早急に会社を辞めるという決断だけをしないことをお勧めします。

 

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

 

まとめ
今の仕事に疑問を感じたら、やるべきことは振り返りと自分と向き合うこと

 

自信が持てない。人間関係が上手くいかない。このまま、この仕事を続けていくべきかわからない。40代からの働き方、生き方に悩んでいる貴女にお勧めのメールセミナーはこちら↓。

 

 

本当にやりたい仕事を手に入れるために、今やるべき3つのこと

2021.02.06

第257話:本当にやりたい仕事を手に入れるために、今やるべき3つのこと

 

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の髙橋雅美です。

 

2021年になり、今年こそは「本当に自分がやりたいこと」を仕事にしたい!と思っている貴女。思っているだけでは変わりません。すでに第一歩を踏み出しているでしょうか。

 

BlogAといっても、なかなか難しいことは十分承知しています。というのも、私自身が会社勤務時代、カウンセラーとして独立したい!と長い間、考えていましたから。正確には思い続けていましたから。

 

大学院に行き、臨床心理士の資格までとって準備はしていたものの、いよいよとなると尻込みしてしまう・・・その当時のことが、今でもはっきりと思い出されます。

 

ただ当時と違うのは、「副業」を認めている会社があるということでしょうか。認めているどころか、積極的に応援してくれている会社さえあります。これってチャンスですよね。

 

ということで、今回は、今年こそ「本当にやりたいことを仕事にしたい!」と心から願っている貴女に向けて、今からやるべき3つのことについてお伝えしますね。

 

Will(やりたいこと)を言語化する
Can(今、あなたが出来ること)を明確にする
Gapを埋める

 

Will(やりたいこと)を言語化する

まず、最も大切なことは、貴女が「本当にやりたいこと」を言語化するということです。頭の中で考えているだけではなく、きちんと言葉にしてみましょう。

 

BlogBそれも出来るだけ具体的にです。これからは働き方はますます多様化していきます。なので、固定観念に縛られずに出来るだけ自由に考えてみましょう。

 

どこで、どんな仲間と、どんな仕事をして暮らしたいのか。毎日、どんなスタイルで働きたいのか。その仕事をすることで、誰の役に立つのか、社会にどんな風に貢献できるのか。とにかく、思いつくままを書き出してみましょう。そして、それをコンパクトにまとめてみるのです。

 

例えばそれを貴女の家族に伝えることをイメージしてみましょう。家族が「へえ、そうなんだ。そんなこと考えているだ。」となんとなくイメージしてもらえるようにわかりやすく言語化してみましょう。

 

Can(今、あなたが出来ること)を明確にする

貴女が本当にやりたいことが言語化されたら、それは一旦、脇に置いておいて、今の貴女が出来ること、これは能力やスキルや知識、経験などです。それを出来るだけ多く、書き出してみるのです。

 

これまでの仕事で得たこと、持っている資格、得意なことなど何でも、貴女が「出来ること」を謙遜せずにあげてみてください。

 

ここで重要なのは、これまで貴女が関わってきた仕事から得た能力やスキルを深堀りして考えてみることです。

 

BlogC例えば「教育研修の仕事を担当していた」という事実があるのであれば、貴女の能力は「わかりやすく伝えること」だったり「聞き手の心をつかむ話し方が出来る」ことだったり、あるいは新しい研修プログラムを企画したのであれば、「情報収集して企画してまとめること」だということです。

 

どうですか?出来ることなんて少ししかない・・・なんて諦めずに、どんどん深掘りしてみましょうね。

 

Gapを埋める

最後に、これまで書き出してきたWillとCanを見比べてみるということです。おそらく、WillとCanの間にはGapがあるはずです。それは足りないスキルかもしれないし、経験不足かもしれないし、あるいは独立・起業するというWillを実行するためのノウハウかもしれません。

 

そのGapも書き出してみましょう。そして、そのGapを埋めるために、今、貴女が出来ることを1つ選んでください。選んだら、それを1週間以内のうちに行動に移しましょう。

 

それが貴女が、本当にやりたい仕事を手に入れるためにすべき第一歩なのです。

 

まとめ
目標を掲げ、現実とのGapを埋めるために行動してみる

 

自信を持ちたい!職場の人間関係を改善したい!やりたい仕事を手に入れたい!40代の貴女にお勧めのメールセミナーはこちら↓。

 

 

「なりたい自分」、「将来やりたいこと」を見つける3つの視点

2020.12.26

第252話:「なりたい自分」、「将来やりたいこと」を見つける3つの視点

 

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の髙橋雅美です。

 

●このままこの仕事をずっと続けていたいとは思っていないのだけど・・・・
●転職活動をしているけど、やりたいことが見つからず気持ちもブレてしまう・・・
●新しいことに挑戦してみたいけど、一歩が踏み出せない・・・

 

30代から40代になると、それなりのキャリアを持つがゆえに、色々と悩んでしまいますよね。

 

BlogB特に今の時期、来年こそは行動しよう!あるいはもっと具体的に転職を決めてやる!!と思っている方もいらっしゃると思います。

 

私自身も30代後半で大学院に通いだしたり、40代で副業をやってみたりと、様々なチャレンジをしてきました。もちろん上手く行かないこと、続けられなかったことも沢山ありましたけどね。

 

今回は、転職を視野に入れつつ、新しいキャリアにチャレンジしてしたいと考えている貴女に、第一歩を踏み出すきっかけとなる考え方をお伝えします。もちろん、今すぐには考えていないけれど、「将来の自分のなりたい像」を考えておきたいという方にもお勧めです。

 

やりたくないことを明確にする

何かにチャレンジしようとする時、「やりたいことは何?」「どんな自分になりたい?」と聞かれる場面が多いですよね。でも実際は、「やりたいことは、まだはっきりしない。だけど、この職場、この仕事だけはもううんざり。」というのが本音だったりして。

 

だから、「やりたいこと」や「なりたい自分」がぼんやりとしている人は、まず、「これだけはやりたくない」「こんな自分にはなりたくない」ということを考えてみるのです。

 

レストランに入りメニューを決めるとき、「何が食べたいのかはっきりしないなあ。何でも良いかも。あ、でも、今日はパスタの気分じゃないな。」なんて感じることはありませんか。
人は、「したいこと」より、「したくないこと」の方を強く認識しているものです。

 

キャリアも同様に、「したくないこと」、「絶対に嫌なこと」から考えてみましょう。それが明確になると、「自分はこんな人たちと、こんな仕事をしたいと考えているんだなあ。」なんて、少しずつですが、やりたいことの輪郭が見えてくるのです。

 

特に、これらの時代、テレワークの導入が今年一気に進んだように、働き方は多様化していくでしょう。だからこそ、「どこで働くか」ではなく「誰と働くか」が大事になってくるのです。どんな人とどんな環境で、どんな風に働きたいのか、まずは「やりたくないこと」から考えることで、少しでも「なりたい自分」を見つけていきましょう。

 

人と違った経験・キャリアを活かす

これは私自身、会社を辞めてから実感したことです。30代で自律神経失調症と診断され辛かったこと、あるいは30代後半で大学院に入り直したことなど、パーソナルなキャリアで人と違った経験はありませんか。

 

また、私は前職で、乳がんや大腸がんの疾患啓発をするという仕事柄、東京都にNPO法人を作る際の立ち上げメンバーとしてあるプロジェクトに関わったことがあります。長くなるので詳細は割愛しますが、これもちょっと特殊な経験です。

 

社内で表彰されたなどの輝かしい経験だけではなく、ちょっと変わった経験や体験から、貴女が学んだこと、得たこと、スキルや知識だけではなく人脈なども全て財産です。

 

一度、自分がどんな財産を持っているのか、棚おろし(書き出して)みましょう。

 

抽象化してみる  

BlogAこれまでのキャリアについて尋ねると、「私はたいしたことは仕事はやっていないと思う。」「資格を持っているわけでもないし。」と自信なさそうに言われる方がいます。

 

そんな方は、ぜひ、自分のこれまでの仕事内容を「抽象化してみる」ことをお勧めします。

例えば、「業務上の問題点をまとめて、可視化することが得意」「新しい部署の立ちあげに関わるなど、物ごとをゼロから作りあげていく経験が豊富」「立場の違う人達の中で、意見をまとめたり、交渉することが出来る」という感じです。

 

それは貴女の立派なキャリアであり得意分野のはず。ちょっと視点を変えることで、これまでのキャリアの中で、貴女が誇れること、得意なこと、好きなことを教えてくれるものです。

 

いかがでしょうか。まずは、これまでのキャリアを見直して、新しいキャリア像を描いて聞きましょう。

 

まとめ
「なりたい自分」は、視点を変えてキャリアを棚卸しすることから見つかる

 

40代は、今後の仕事や家庭、人生そのものを見直す大切な時期です。もう悩むだけの日々を辞めたいという貴女にお勧めはこちら↓。

 

 

ポストコロナ時代の新しいキャリアのつくり方。今から準備!

2020.09.26

第242話:ポストコロナ時代の新しいキャリアのつくり方。今から準備!

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の高橋雅美です。

 

コロナによりニューノーマルという新しい生活様式の中で日々暮らしていく中で、これまでの当たり前が当たり前ではなくなり、新しい変化に対応しなければなくなり、やりたいことを我慢しなければならなくなっています。

 

もちろん、これまで「変わるはずがない」と思っていたことが変わり、快適になったこともあります。例えば、「満員電車に揺られて毎日同じ時間に会社に通勤しなくても良い」と生活が変わった方も少なくないでしょう。

 

この生活がいつまで続くのかという不安を感じていた貴女も、そろそろ、コロナが収束してからも、コロナの前と全く同じ生活には戻らないということを実感しているのではないでしょうか。

 

そして、今、じわじわと、コロナ収束後の新しい働き方や生活スタイル、そして新しい生き方を模索しはじめている方もいらっしゃるのです。まさに時代の変化が加速していくだろう今、未来の自分の働き方や生き方に「このままで良いのだろうか」「これから自分はどうしたらよいのだろう」とモヤモヤを感じている方が少しずつ増えてきているようなのです。

 

ハッピーハートコンシャスでは、40代女性の働き方や生き方をカウンセリングのメインテーマにしているので、今回は、「ポストコロナ時代の新しいキャリアについて」どう考えるべきなのか、何を準備したらよいのかについてお伝えしたいと思っています。

パラレルキャリアを考える

何のため誰のために働く?

新しい幸せの形とは

 

パレレルキャリアを考える

BlobA私自身も今回のコロナ渦で仕事をしていくにあたり、ひしひしと感じていることがあります。それは、「仕事」を一つに絞る必要はないということ。最近では副業を勧めている企業もありますので、今後、ますます社会にも浸透していくでしょうが、本業以外に貴女が働ける場所、輝ける場所や仲間、そして生きがいを感じることを持つということを、真剣に考えてみて欲しいのです。

 

もし、何も見つからないのであれば、少しずつ新しいことのチャレンジする、専門性を身につける、勉強を始めるなどを始めてみてはどうでしょうか。

 

何のため誰のために働く?

コロナ渦で、貴女の会社、職場はどのような対応をしたでしょうか。混乱や試行錯誤の中で、取り組みが遅れたり、不十分だったりしたでしょうか。あるいは、社員の健康を守るためにいち早く対策をとったでしょうか。そして、その会社の方針や方向性はきちんと貴女に届いたでしょうか。

 

今回のことで、残念なことに「今の会社が信用できなくなった」という声をきくことも多くなってきています。でもそれは、もしかしたら、貴女自身の考えや価値観が変わったからかもしれません。このコロナ渦において、自分は何を最も優先するのか、大切にするのか。それが人それぞれ違うということにいやおうなしに気づかされた方も多いと思います。

 

BlogBそこで大切なのが、すぐに仕事を辞めて転職をするという行動に出ることではなく、貴女の働く意味や意義を考えることなのです。もう少しかみ砕いて言うと、「何のために、誰のために働きますか?」ということ。自分のため、家族のためだけではなく、誰を幸せにするために働きたいですか。

 

今だからこそ、今後を見据えて、このことをぜひ考えてみて欲しいのです。

 

新しい幸せの形とは?

幸せの形が変わる・・・それは今、私自身がもっとも実感していることです。これまで、こうだったら、こんなことが出来たら、これが手に入れば幸せと考えていたことが、なぜか急に色褪せて見えてしまう。これは何故なのでしょうね。

 

コロナ渦で自由に家族や友人と会えなかった日々。ヨガや旅行などリラックスしたくとも出来なかった日々。自宅勤務で見えてきた心地良い対人関係の在り方。そんな経験の中で、「私って○○があれば幸せなんだ」「こういう時、励まし合える仲間がいるのって有難い」など、色々と考えましたよね。

 

BlobC今、あらためて、「自分の幸せな状態」について掘り下げて考えてみませんか。仕事や経済、プライベート、家族関係、健康など様々な視点から貴女の幸せな状態について、時間をとって考えてみて欲しいのです。

 

これまでとは違った景色が見たい!と心が欲しているのであれば、貴女が求める幸せの形が変化しているのかもしれません。

 

ぜひこの機会に、少し立ち止まって、今後の自分のキャリアや幸せの形について考えてみましょう。でも、こういうことって意外と友人には話せないもの。カウンセラーに話して一度、整理がしたい、あたらめてじっくり考えてみたいという方は、ハッピーハートコンシャスの体験カウンセリングもぜひご利用くださいね。

 

まとめ
ポストコロナ時代のキャリアは、副業・働く意義・新しい幸せがキーワード。

 

自信が持てない。人間関係が上手くいかない。このまま、この仕事を続けていくべきかわからない。40代からの働き方、生き方に悩んでいる貴女は今すぐココをクリック。

今の働き方に満足していますか?現在の生活、人生に満足ですか。

2020.05.23

第235話: 今の働き方に満足していますか?現在の生活、人生に満足ですか。

 

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の高橋雅美です。

 

blogA緊急事態宣言が解除されましたね。この1か月半の間、どんな時間を過ごされたでしょうか。

 

解除後も、テレワークや時差出勤は続きそうですし、テレワークを続けたいと思っている方は6割以上もいるというアンケート結果も出ているようです。

 

これから働き方が大きく変わっていくことになりそうですね。それはテレワークのようにどこで働くかだけではなく、誰と働くか、副業もチャレンジしてみるか、そもそもこれからの人生で何を生業にするかまで、働く側の価値観、優先順位が大きく変わるということです。

 

今までは「そこそこ幸せ。これ以上、不満を言ったらきりがない。」などと、本当は「このままで良いのかな。」「不安やもやもやが晴れない」という気持ちにフタをして気づかないようにしていた方も、いよいよウィズコロナの時代を迎え、いやおうなしに「これで良いの?」と突き付けられているのではないかと思います。

 

実はこの期間、以前、クライエントだった方から「今週で退職することになりました。転職先は・・・(略)。」という嬉しいご報告が届きました。

 

すでに転職に向けて準備をされていらした方ではありますが、彼女は、これからの人生、「より自分のやりたいこと」、「誰かの役にたつこと」をしていくことを決意されたのですね。

 

それがたまたま非常事態宣言が発出されている時期と重なっただけではありますが、同じ1か月半をどう過ごしたかで、今後の働き方・生き方が大きく変わっていくのですね。しみじみと感じました。

 

さて、あなた自身はどうでしょうか?

 

もし、心の奥底で、

「実は本当にやりたいことがある」

「この生活、働き方とは違う生き方をしてみたいと思っている」

「そこまでの決意はないけど、このままでは不安」

と感じているのであれば、今こそ、少し立ち止まって、ご自分の未来を考えてみてはどうでしょうか。

 

その際の重要なポイントは2つ。blogB

 

「出来る出来ない」は一旦、脇に置いておいて「やりたい」だけを考えてみること

 

「やりたいこと」が実現したらどんな生活、未来が待っているのかを考えてみること、その時、どんな気持ちになるか感じてみること

 

をお勧めします。これならすぐにでも出来ますよね。

 

だからこそ、すぐにやってみる人と、いつでも出来るからと先延ばしにする人とで大きな差が出来るのですけどね。

 

さて、あなたは、今度こそ、今すぐやってみる人になれますか。

 

まとめ
まずは「やりたい」だけを考える。その結果、得られる未来を感じてみること!

 

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ