第117話: 新年の想いを実現させるために常に○○をチェックしよう

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

2017年、最初のオフィシャルブログとなります。本年もどうぞ
よろしくお願いします!!

さて、今年こそは○○を始めよう!とか、○○を辞めよう!ある
いは、もっと○○になりたい~などと新年の想いを新たにした方
は多いのではないでしょうか。

まずは具体的に何をしたいのか、決めることは成功への第一歩です。
そしてまわりにもどんどん宣言しちゃいましょう。出来れば実際に
口頭で伝えるのがよいと思います。

というのは、自分が相手に発した言葉を、また自分が聞くことにな
るからです。誰かに伝えるたびに、自分にも言い聞かせている・・
というわけですね。

自分にも宣言し、まわりにも宣言して実行できれば素晴らしいです
が、私たちは日々、心の中で自分自身と対話しています。それを
セルフトークとも言います。

自分との対話は無意識なことが多く、ふとした時に、「出来るかな?」
と不安になったり、「どうせ続かないだろう」と弱気になったり、
「やっぱり自分にはダメだった」などと悲観的になることも。

実は、このセルフトークが曲者なんですね。というのも、無意識に
自分自身に語り掛けている言葉ですから、これがなかなか強力な
のですね。

不安や弱気、悲観的なセルフトークをしていることに気づいたら、
まず「あ~、気づけて良かった」のです。そして気づいた時に、
ネガティブなセルフトークを言い換えて欲しいのです。

これはもう1人の自分との対話でもあります。無意識のセルフト
ークを、客観的に分析するもう1人の自分。ネガティブスイッチ
が入っているよ!と教えてくれる言わばツッコミ役という感じ。

気づいたら、すかさず何かポジティブなセルフトークに言い
変えてくださいね。そして、このボディーブロウのように効いて
くるセルフトーク。

「出来なかったのは、やり方がダメだったんだ。」
「まだまだ、今年は始まったばかり。諦めない!」
「挫折したのは、どこがまずかったのかな?」

と、立ち止まってみてください。そして出来たこと、上手くいった
ことにもぜひ目を向けてくださいね。自分に厳しい人は、案外
出来たことには気づかないものなんです。

だから敢えて、「出来たこと」や「続けられたこと」に気づき、
認めるという習慣も持ってほしいのです。このセルフトーク
をチェックして、ぜひ新年の想いを実現してくださいね。

まとめ
セルフトークを常にチェック!出来たことにも目を向けよう。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、
理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、
人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。