ダメ出しばかりしていませんか?柔軟なココロは豊かな人間関係の秘訣です。

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

前回のブログで、アドバイスを素直に受け取れないココロは固い
とお伝えしました。そして、その固さが人間関係のトラブルの
原因になっているとも。

詳しく説明していきますね。つまり、固いココロとは、人やもの
に対して、「こうあるべきだ」という思考が強いことなのです。
結果、期待も大きいわけですね。ところが・・・

あなたの思い通りにならないとわかるや否や、「それはおかしい。
間違っている。」という気持ちがムクムクと湧いてきてしまうの
ですね。それが相手への拒否や非難になってしまうのです。

では、どうしたらココロがほぐれるのでしょう?実はカウンセリング
でも、よくテーマになるところです。考え方と、その後の行動を
変えなければいけない。簡単にできることではありません。

ですが、まず出来ることは、あえて、「そういう考え方もあるよね。」
と言葉に出してみてください。その後、気分がモヤモヤしてきたら、
あるべき姿を押し付け、期待しすぎていなかったか考えてみましょう。

ココロの固さは、これまでのあなたの生き方、もっと言えば、育てられ
方にも大いに関係があります。なので、すぐに変えることはストレス
にもなることでしょう。ですが、トライする価値は十分にあります。

なぜなら、これから歳を重ねるにつれて、ココロが頑なで衝突が多いと、
助けて欲しい時に助けてくれる人との関係を作るのが難しくなるからです。
柔軟なココロは、豊かで幸せな人生に不可欠なのです。

今日の一言メッセージ
自分と違う考え方も、まずは一旦受け取ってみましょう。