第4話:怒りは二次感情。イライラや怒りが抑えられない!人のココロの処方箋

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

怒りやイライラはどのようにコントロールすればよいのでしょうか?
まず、怒りは人間にとって自然な感情のひとつです。良いも悪いもない。
ネガティブな感情とも言い切れません。

なので怒ってもかまわないのです。ですが、それが本当に怒る必要が
あるのか考えることが重要ですね。
なぜなら怒りは大きなエネルギーだからです。

怒りを相手に出すということはとても消耗しますよね。
そして往々にして怒りをぶつけると、相手も怒りで返してくるのです。
つまり、自分にも跳ね返ってくるのです。

ですが、この怒りは2次感情なのです。怒りを感じる前にあなたは
別の感情を感じているのです。これを一次感情といいますが、
不安、辛い、悲しい、疲れた、寂しい、嫌だ、焦りなどが一次感情です。

面倒を見ていた後輩が、自分に内緒で転職活動をしていたらしく
会社を辞めることになったと聞かされた。一次感情は悲しみです。
そして、どうしていってくれなかったの?面倒をみてあげたのに!

これがあなたの二次感情なのです。つまり一時感情は悲しみ、
二次感情が怒りなのです。怒りを感じた時、それをどう表現すれば
よいのでしょうか?

怒りへの反応を遅くするために①6秒ゆっくり数える、②深呼吸をする、
③カッとなる前に、「この怒りは自分の人生をかけるに値する怒りなのか?」
と自問自答してみる。④可能ならばその場から立ち去り、冷静になりましょう。

今日の一言メッセージ
怒りは二次感情である。怒りへの反応を遅くしよう。