職場であなたの価値を下げる言動に出会った時の処方箋

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

職場で、あなたのことをいつも見守り、応援し、頑張れば
褒めてくれるような人のことを、ホットボタンを押して
くれる人と言うのだそうです。

反対に、何かにつけあなたの自信を削ぎ、邪魔をするような
言動をする人は、クールボタンを押す人。相手に悪気はないかも
しれないし、気づいていない場合もあるでしょう。

ですが、たちが悪いですね。彼らの言動には、「あなたのためを
思って言っているんだよ」という前置きがあったりするので、
余計手に負えません。

私自身も似たような経験があります。その人と一緒にいると、
なぜか自分は、「まだまだ力不足だし、そもそも成し遂げる能力
があるのかな」と感じてしまっていたのです。

そのような時、その人が「こうすればいいよ」とアドバイスして
くれたりすると、「やってみます!有難うございます」なんて
言ってしまい、ますますコントロールされてしまいます。

はい、これって「コントロール」なんですね。価値下げ言動を
されて自信、自尊心を失ってしまう一方で、相手は、アドバイスを
くれる大切な貴重は人としてあなたにインプットされてしまう。

そうなると、そこには支配関係が生まれ、もはやあなたは、
その人の言うことさえ聞いていればいいんだ、とか、出来ない自分を
救ってくれる人などと思い込んでしまうのです。

こういうことは、職場でも起きています。上司部下などの上下関係
では、特におこりやすいと言えるでしょう。そうなったら要注意。
支配される関係はずるずると続いてしまうことがあるからです。

では、どうやって対処したらよいのでしょう?
まず、あなたが気づくためには、その人といる時は
いつも自信がなくなる、否定される等と気が付くこと。

いつもネガティブな言われ方をしているのであれば、
相手はクールボタンを押す人である可能性が高いです。
そして良い人になって親身にアドバイスくれたりする・・・

そんな人だとしたら、警戒しできるだけ距離を置きましょう。
そしてあなたが受けたネガティブワードは、全てポイジティブ
ワードに変換してください。

最後に、クールボタンを押す人について。彼らは、意識的に
あるいは無意識に、自分が優位に立つ言動をしています。
自分に自信がないからです。そこを見間違えないでくださいね。

一緒にいると、相手の言動でいつも気分が落ち込んでしまう、
自信がなくなってしまう、ということが起こっているのなら、
その人との関係性を見直す時期だと考えます。

今日の一言メッセージ
いつもネガティブな言動を返してくる相手の支配関係から抜けだそう