40代働く女性 人間関係 キャリア 自信がない悩み解決なら /自分関係® 臨床心理士 公認心理師 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

考え方のクセ

ネガティブ思考のままで、自分に自信が持てる方法

2021.11.15

「どうしてもまわりの同僚と自分を比べてしまって自信をなくしてしまうんですよね。」といつも、自分を低く見積もってしまうクセがあるNさん。

 

実はNさんは、海外への留学経験もあって、今は企業でリーダー職としてしっかりとキャリアを積んでいる方。40代になったばかりで、家庭との両立もこなしながらスーパーウーマンのような日々を送っている方です。

 

私からしたら、「どうして自信なくすのかな?」と思ってしまうような方なのです。

 

BlogAですがNさんは、「これではダメ、私はもっと頑張らないといけない!」と常に肩に力が入ってしまうのです。そして、「自分はできない」とネガティブな考えに日々、惑わされ、最近では表情も暗くなってしまっていました。

 

私自身も、若いころはネガティブ思考で、自分にダメ出ししてしまう性格だったので、Nさんの気持ちがわからないわけではありません。ですが、Nさんは自分をどんどん追い込んでいるようでした。

 

ネガティブ思考の方は、自分がネガティブであることにも「ダメだ~」と思っている方が多く、ポジティブに考えられない自分をさらに責めている場合もあります。そんな時、私がお伝えしていることは、無理してポジティブになる必要はないということ。180度、思考を変えるなんてことは、すぐには出来ないからです。

 

でも出来ることもあるんですよね。それは「思考」ではなく「行動」を変えることです。「行動」のお勧めは、自分の良いところ、出来たところをノートに書くということ。できれば1日3つ程度。

 

自分の脳に、「今日、私が出来たことは何かな?」と問いかけるのです。すると、答えを出すために、脳が「出来たこと」を探してくれるからです。

 

ノートに書かず、スマホに記録するでも良いですよ。とにかく、これを「継続してみよう」と決めて毎日、行動することです。

 

BlogCネガティブなことを絶対に考えてはいけない!と思うと辛くなります。なので、夜寝る前のたった15分、自分の出来たことを3つ、記録してください。だんだんと自分の良いところに目が行くようになります。やってみてくださいね。

 

でも、「自分にダメ出し」してしまう方は、心の根っこに「自信のなさ」や「自分を否定する気持ち」を強く持っている方もいます。

 

その気持ちは、あなたが育ってきた環境や、親や教師などの人間関係の中でつくられてきた可能性があります。Nさんの場合は、厳しすぎるお母さん、期待が多きすぎるお母さんからの影響が大きかったのです。

 

・自分に自信を持てない
・ネガティブな考えをしてしまう
という方は、その「心」がいつ、どう育ってきたのかを一度、チェックしてみることをお勧めします。

 

自分への理解を深めることで、出来ない自分を責めることなく、あるがままの今の貴女を認めることが出来るようになるヒントを得ることが出来ます。

 

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

 

まとめ
思考ではなく、行動を変えよう!

ページトップ