働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

職場の人間関係

第147話:相手の態度が急変!自分が悪いのではと思い悩まない為に

2017.08.19

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

職場の人間関係のお悩みで意外と多いのが、「これまで親しくしていた同僚の態度が急に変わってしまった。無視されているようにも感じる。」というものです。

同僚の場合もありますが、上司であったり、部下であったりします。理由がわからないだけに、戸惑い、「自分が何か悪かったのだろうか」と思い悩んでしまう方もいらっしゃいます。

このような場合、私たちはすぐにでも関係を回復して、以前のような心地よい状態に戻りたいと願います。そのためにはどうしたらよいのか?と悩んでしまうのです。

相手の態度が変わった理由について、本人に直接聞いてみるのも良いですが、それが難しい場合は、他の同僚などに意見を聞いてみると良いでしょう。

それで解決法のメドが経ち、自分が悪かったと思うのであれば、そのことを相手に伝え関係回復のための努力をすれば良いのです。ですが、多くの場合は、理由がわからないのです。

そんな時は、急いで解決しようとしないことが肝心。居心地も悪いし、気持ちも晴れずに辛い時期ではありますが、ここで焦る必要はありません。

相手の態度が一時的なのか、そうでないのか、見極めるという意味でも大切な時期となります。業務上に支障が出るほどの関係悪化になってしまったら、上司やしかるべき立場の方に相談しましょう。

相談の仕方で重要なのは、相手との人間関係という枠組みで話さないこと。気のせいだとか、上手くやってよ、などと言われてしまう可能性があるからです。

そうではなく、仕事に支障が出ている、どうしたらよいかと客観的事実を伝え、相談してください。

また、相手の機嫌をとったりする必要もありません。といっても気になるところではありますが、そもそも理由がわからないのですし、相手の感情を変えることはできないので無駄なのです。

もしかすると、あなたとは関係ない、全く個人的な事情があるのかもしれないからです。必要以上に、相手の顔色やご機嫌に振り回されないようにしましょう。

他にも職場以外に自分の居場所を作ってくことが大切です。このことをきっかけに、習い事でもなんでも、同じ目標や価値観を持った人脈作りをしてみてはどうでしょうか。

まとめ
相手を冷静に観察してみよう!仕事に支障があれば相談を!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ