働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

ココロのからくり

情報過多で不安になっていませんか。心を取り戻す方法。

2019.08.24

第206話: 情報過多で不安になっていませんか。心を取り戻す方法。

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)の髙橋雅美です。

 

他人の言動が気になって、振り回されていませんか。特にSNSなど、良し悪しに関わらず、情報が入ってきてしまいます。そのたびに他人と自分を比べて落ち込んだり、気になったりしていませんか。

 

あるいは熱心にテレビやネットなどで情報を検索し収集することで、逆に情報に疲れてしまっていませんか。何が本当なのか、自分はどう考え、どうすべきなのかが、いろいろな情報があるばかりに、混乱してしまうということです。

 

このような時、SNSを見ながら、「あ~、辞めた。他人は他人、私は私。」と考えたり、氾濫する情報に対して「少し冷静になってみよう。」などと考えられるのであれば大丈夫。

 

その調子で情報と少し距離を置きつつ、自分の心の健康を保ちながら上手に付き合っていってくださいね。

 

それが出来ないほど不安になったり、落ち込んでいたり、焦っていたり、心配が大きくなってしまうような時、どうしたらよいのでしょうか。

 

今回は、その対処法についてお伝えしますね。

 

情報を遮断すること
シンプルな方法ですが、常に、スマホなどで情報を検索、収集している人にとっては、ちょっとばかり難しいことでもあります。でも、
あえてスマホから離れるのです。

 

特に土日などの週末は一定期間、スマホから完全に離れて過ごしてみてください。特に理由もないのに、スマホが見たくて見たくて仕方がない・・・なんていう場合、依存傾向とも言えるかもしれません。

 

テレビや新聞、雑誌、本なども同じです。何か情報を入れるということを一定時間、辞めてみてください。特にネガティブな情報、あなたの心がザワザワするような、不安になるような情報はシャットアウトしましょう。

 

心を静める時を持つこと
一旦、情報を遮断した後は、活動的になる必要はありません。あえて、静かな時を持つのです。「心を静める時間」をつくるということです。

 

例えば、ゆったりとソファに座り、軽く目を閉じて呼吸に意識を向けるとか。夜であれば、部屋を少し暗くして、大好きなお香を焚いてみるとか。心がのんびり、力が抜けるようなヒーリング音楽を流してみるとか。

 

そんな静かな時間です。一日のうち、たとえ10分でも15分でもOK。できれば頭がカラッポになるような、ゆったりとした心地よい時間を作ってみましょう。

 

まとめ
まわりに振り回されて混乱したら、自分の心を見つめる静かな時を

 

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ