働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

自分関係

第153話:嫌われることが怖くて自分にウソをついていませんか。

2017.10.07

自分関係®カウンセラー(臨床心理士) ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。                               

Rさんは、営業職でしっかりと成績を残しています。最近は、やりがいも感じ、イキイキと仕事をしています。というのも、実はプライベートで太極拳を始め、それが楽しくて仕方ないのだとか。

太極拳をすることで気持ちが落ち着き、しかも体も気持ちよいので、ちょっとしたきっかけで始めたのですが、今では生活の一部になっているとのこと。

また、その仲間との会話が楽しくて仕方ありません。職場の上司や同僚、また営業先では、これまで出会ったことのない価値観の持ち主も多く、刺激的なんだそう。

Rさんは40代に入ったところですが、仕事一筋でやってきたので、今後は社外に人脈を広げようと思い、積極的に行動しているのだとか。素晴らしいと思いました。

一方で、職場の同期から食事会に誘われるのだそうです。その食事会はRさんにとっては、これまで息抜きでもあり、ガス抜きでもあり、頑張れる源だったのです。

ところが、今ではすっかり色あせてしまって、むしろグチばかりでは、何も変わらない。時間がもったいないと思ってしまうというのです。

この気持ち、わらかなくもないですよね。Rさんのように外に目が向いて新しい刺激が入り、イキイキ働いていると、グチを言い合う仲間との関係は逆に面倒になってしまっているのです。

Rさんはそれでも食事会に参加し続けていたのですが、いい加減、自分の気持ちにウソをついていることに、我慢が出来なくなってきたと話してくれました。

ただ、同期に十分に感謝もしているし、自分の勝手な都合で、一方的に疎遠になることにためらいを感じていたのです。これは一見、Rさんの優しさのようにも見えますが、かえって残酷なのです。

ウソの気持ちで仕方なくつきあってもらう同期にとっても、Rさん自身のココロにとっても、本当は良いとは言えないのです。他人からどう思われるか気になり、いやな奴だと思われたくない!というRさんの行動は、相手も自分も傷つけているのです。

Rさんには、まず、自分の喜び、幸せとは何か、どんな時にその気持ちを感じるのかをじっくりと考え、話してもらいました。本当は、この気持ちを優先して、それに従って行動してよいのです。

Rさんは、このままだと、同期の仲間のことを嫌いになってしまいそうと言います。そのため、思い切って、今、自分が楽しいと思っていることを相手に伝えることにしました。

相手のためを思ってしていることが、実は相手と自分のココロを傷つけていることもあるのです。自分のココロを大切にして、自分を満たさなければ、結局のところ、他人にも優しく出来ないのですね。

Rさんとは、カウンセリングの中で、自分の好きなこと、その時の気持ちなどを話してもらうというワークを続けています。しだいに、自分を優先できるようになって、ますます内側から輝いているようです!

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
自分の正直な気持ちを欺くことで他人も傷つけている!まずは自分の幸せを優先しよう。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ