40代働く女性 人間関係 キャリア 自信がない悩み解決なら /自分関係® 臨床心理士 公認心理師 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

コミュニケーション

トラブルが多い後輩の教育や指導。「傾聴」するだけで良いの?

2020.12.12

第250話:トラブルが多い後輩の教育や指導。「傾聴」するだけで良いの?

 

自分関係®カウンセラー(臨床心理士 / 公認心理師)の髙橋雅美です。

 

ハッピーハートコンシャスにお越しになる30代後半から40代の働く女性の多くが、職場でのコミュニケーションに悩んでいます。

 

というのも、チームリーダーや管理職になり部下を指導しなければならない立場の方や、管理職ではなくとも、部署の後輩の教育を任命されていている立場の方が多いからです。

 

「管理職になったものの、年上の男性社員が部下になってやりにくい。」

「20代後半の女性社員が、ミスが多くて困っている。」

 

悩みながらもご自分で勉強されていらっしゃるのでしょう。相手を理解しようとしたり、信頼関係を作ろうとして、相手の話をしっかりと「傾聴」しようと頑張っています。そこで、もっと「傾聴の仕方について教えてください。」というご相談を受けることも度々あります。

 

確かに「相手の話を共感的に傾聴する」姿勢というのは、今やビジネスの場面においても大変重要になっています。以前のように、指示、命令をするコミュニケーションだけでは、しっかりとマネジメントが出来なくなっているからです。

 

とはいえ、傾聴しているだけでは問題解決にならない場合もありますよね。あるタイミングで、しっかりと解決策を提示しなければならないこともあります。

 

BlogAさて、H美さんは、つい最近、同じ部署に入ってきた後輩の女性社員への指導に悩んでいます。傾聴を学んだばかりのH美さんですが、あいづち、繰り返しなどの学んだスキルを使って、懸命に相手に共感的に関わろうとしています。彼女曰く、それは少しずつ上手になってきているのだとか。

 

こんなH美さんが今、困っているのは、どうやって「解決策を提示していったらよいのか」ということなんですね。H美さんと後輩の女性は、上司と部下という関係ではないため、H美さんは、解決先を自分から提示することが「上から目線で相手に指示している」と捉えられてはいないかと気になっているのです。

 

というのもその後輩の女性は、以前の部署で、人間関係のちょっとしたトラブルがあったと知っていたから。彼女への伝え方については、相当気を使っているのです。

 

H美さんは、「彼女の話を聴くだけではなく、○○してくださいとはっきり解決策を伝えなければならないと思っているのですが、なかなか言い出せなくて。やはりしっかりと傾聴すべきなんでしょうか。」と、どうすべきか悩んでいます。

 

そんなH美さんへの私の回答はというと・・・

 

信頼関係を作ることが最優先

マニュアルがあるわけではないので、これが「100%正解」という回答はないのですが、まずは、しっかりと共感しつつ傾聴するというプロセスが重要です。その中で「信頼関係をしっかり構築する」ことを第一に考えましょう。

 

「傾聴」というと、相手に会話の主導権があり、聴いている方はただただ受け身になってしまうと感じる方もいるのですが、「傾聴」することで貴女が得られるのは、信頼関係です。

 

「この人は私の話を聴いてくれる。」「わかってくれる人だ。」といかに相手に感じてもらうことが出来るか。これが最重要ポイントなんですね。

 

解決策のすり合わせ

また、解決策は提示するだけではなく、様々な方法があると思います。

 

例えば、
「あなたはどう思っているの?どんな解決策があると思っている?」と考えを促したり、

あるいは、
「解決策を一緒に考えようか」と提案したり、

「自分は○○と思うけど、あなたは私の考えに対してどう思う?」と投げかけてみる
などです。

 

これは対話の中で、解決策を互いに「すり合わせていく」という感じでしょうか。ですが、これはとても難しいことなので、まずは、ここを目指すのではなく、じっくりと傾聴をすることで相手との良好な関係をつくることを優先してみてください。

 

「誰から言われたか」で心が動く

BlogC良い関係性が出来た上で解決策を提示した場合は、相手はそれを「命令」ではなく、「有難いアドバイス」として受け取ってくれることもあります。つまり、「何を言われたか」ではなく、「誰に言われたか」が大きく影響するということです。

 

言われたのが「信頼できる人」、「自分を理解してくれている人」だった場合、相手の受け取り方が変わることがあるということですね。

 

最後に、このブログを読んでくれた貴女に一言。

「傾聴」することは、スキルが大事なのではなく、相手を理解しようとする姿勢です。しかも簡単に出来ることではありません。少しずつ出来るようになることを目指していきましょう!

 

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

 

まとめ
しっかり傾聴。時にすり合わせ。相手との信頼関係を作ることから始めよう。

 

自信を持ちたい!職場の人間関係を改善したい!やりたい仕事を手に入れたい!40代の貴女にお勧めのメールセミナーはこちら↓。

 

 

ページトップ