働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

コミュニケーション

第163話:心地よいコミュニケーションに最も必要な工夫とは?

2018.01.13

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

普段から様々なお悩みを伺いますが、対人関係が上手くいかない、コミュニケーションが苦手という人間関係のお悩みが最も多いという印象を持っています。

コミュニケーションが上手ではないと感じ、常に相手からどう思われるかが気になるという方は、相手目線でいるようで、実は自分目線で物事を捉える傾向がある方なのですね。

つまり、「自分は嫌われていないか」「どう思われているか」って自分のことばかり考えてしまうということ。

でも本来のコミュニケーションというのは、相手を理解する、受け入れる、そして自分を伝えるという手段ですよね。だから、苦手という前に、まずは自分を伝える、わかってもらうための工夫を致しましょう。

その時に大切なのが、2つあります。

1つは、自分の感情を伝えるということ。起こった出来事を伝えるだけではなく、その時に自分がどう感じたか、どう思ったかを伝えましょう。感情を伝えるのが苦手な方は特に、まず自分の心の内側に耳を澄ませて、自分がどんな気持ちなのか、悲しいのか怒りなのか、あるいはハッピーなのか、自分の感情にアクセスできるような訓練をしてみてくださいね。

2つ目は、もし要望があるのであれば、それを伝えること。1つ目で自分の感情を伝えましょうと言いましたが、感情的になり、それを相手にぶつけていても関係がまずくなるばかりです。

感情だけではなく、○○して欲しい、○○しないで欲しいという要望を冷静に伝えるのが大切なのです。

そして、よく言われるようにコミュニケーションは相手との言葉のキャッチボールです。だからこそ、相手が受け取りやすいボールを投げるということをキモに銘じましょう。そうでないと、心地よいやり取りは出来ません。

もし、相手があなたからの言葉のボールを受け取れないような状況であるような場合、例えば怒りでいっぱいで興奮状態であるとか、そんな時は、ボールを投げないという選択肢もあるということをお忘れなく。

つまり、もっとも大切なのは、自分を伝えよう、そして相手を理解しようとする意志と気持ちなのです。

まとめ
感情を伝える、要望を伝えることで自分をわかってもらう工夫を!

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや 人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

ページトップ