40代働く女性 人間関係 キャリア 自信がない悩み解決なら /自分関係® 臨床心理士 公認心理師 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

キャリア

「若手には敵わない」と感じた40代が考える今後のキャリア

2022.05.09

「最近、どうしても20-30代の後輩たちには、仕事でかなわないと思っているんです。

 

記憶力、行動力、そして図々しさみたいなもの、もう私にはありません(苦笑)。」と話してくれたのは、IT関係にお勤めのKさん。

 

特にIT関連のお仕事は、技術の進歩が速くて新しいことに追いついていくだけでも大変なのだとか。

 

そのため、Kさんのモチベーションは下がる一方で、こんな気持ちで仕事を続けてよいのだろうか?と自分への嫌悪感にまで大きく膨らんできているのです。

 

かと言って新しい分野の仕事に今からチャレンジするのも億劫で・・・と正直な気持ちを話してくださいました。

 

Kさんのように、40代に入ると、自分たちより若い世代の頑張りに圧倒されることもよくありますよね。

 

Kさんのお仕事は、実は会社から期待されている部署なので、Kさん自身が評価されていないというわけではないのです。

 

だけど、若い人たちに囲まれて、自分らしさを発揮できない・・・
それどころか、足をひっぱられている感じすらしてしまう・・・

 

それだけ、40代にとっては、働き方や、どんな仕事を続けるかを考える、そして可能なら変更してみるというターニングポイントなのでしょうね。

 

ですが、簡単に転職ができるわけでもありません。

 

40代からの転職であれば、全くイチからの経験を積ませてもらうというのは、難しいと考えるのが一般的でしょう。

 

そんな時、どう考えたらよいのでしょう。

 

Kさんのように自己嫌悪に陥ったら、どう気持ちを立て直したら良いのでしょう。

 

BlogA今日は、貴女が将来の自分のキャリアを考えた時に、ブレずに気持ちを立て直すヒントをお伝えしていきますね。

 

まずは、今の仕事を少しでも楽しむためのヒントです。

 

ずばり、若い人たちと同じ土俵で勝負しようとしないことです。

 

記憶力やスピードなどの能力は、40代で頑張ってこれから伸ばす能力ではありません。

 

これから伸ばすのなら、コミュニケーション力や調整力、物ごとを俯瞰的にみる力だったりします。

 

そして大切なことは、自分の苦手なことや弱点は、できるだけ得意な人にやってもらうということです。

 

会社組織の中で、自分の苦手を上手くカバーしてくれる人材が近くにいるなんて、そんな都合の良いことは少ないかもしれません。

 

でも、40代ならば、出来ないことを出来るようにするのではなく、出来ることや得意なことを、もっと伸ばすということに力を注ぎましょう。

 

そしてもう1つお勧めしたいことがあります。

 

それは、職場以外の自分の居場所をつくることです。

 

居場所というのは、もちろん趣味や習い事での仲間でも良いのですが、職場以外に仕事のことや、日常生活のことを話すことができる居場所であるとなお良いと思います。

 

自分が成長できると実感できるような居場所のことです。

 

BlogBそこで、普段自分の職場の価値観とは違う価値観にふれることも出来るし、貴女の仕事や仕事に対する姿勢を色眼鏡なしに、きちんと「評価」してくれる人もいるはずです。

 

実は私自身も、そんなコミュニティを作りたいなと思っているのですけどね。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

もし、自分の得意なことがよくわからない、見えていないという方は、これまでの自分のキャリアを一度振り返り、棚卸しをしてみることをお勧めします。

 

そして、その内容を、信頼できる人に見てもらい、感想を聞いてみましょう。

 

自分が「こんなことは強みにはならない・・・」、「出来て当たり前のこと」と思っていたことが、他の人にとっては、「すごいこと」だったり、「出来るなんて羨ましい!」と感じることだったりすることもあるのです。

 

若い人たちと同じステージで戦うのではなく、40代からの自分のキャリアの広げ方について、一度、立ち止まって考えてみてくださいね。
そしてこれを40代のうちにやっておくこと!

 

特に、50代からキャリアシフトをしたいと思っている方は急いでください。

 

40代にやっておかないと、視野も狭くなり、選択の幅も小さくなってしまいます。

 

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった形で書いております。何卒ご了承ください。>

 

まとめ
40代は、若手とは競わない。50代以降のキャリアを早めに準備しよう!

ページトップ