働く女性 人間関係 悩みやストレスから抜け出す カウンセリングなら /自分関係® 臨床心理士 高橋雅美

お問い合わせ カウンセリングお申し込み
ハッピーハートコンシャス髙橋 雅美 Official Website メニュー

Official Blog

夢実現

第134話:気付いていますか。大きな決断の次に待ち受ける○○とは

2017.05.13

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

先日、カウンセリングをお受けになった40代女性の方は、キャリ
アに関する大きな決断をしました。この決断ができるまで、カウン
セリングを続け、ようやく気持ちの整理が出来、決断する勇気も持
てたのでした。

そうやって、その回のカウンセリングは気持ちよく終了するはず
だったのですが、気になったのが、その決断を持続することでし
た。

今、本が売れ、巷で話題になっている「GRIT (グリット)やり抜
く力」というのをご存知でしょうか。ちょうど、その本を熟読して
いる最中だったこともありカウンセリングの最後に聞いてみました。

「決断されましたが、その後、その夢に向かって、どういう風に
進めていこうと思っていますか。」
答えは明確には出てきませんでした。

というのも、やっと決断したというステージで、今後の未来につい
て夢を描ける段階だったので、「夢を実現するための進め方」は、ま
だ明確ではなかったのでしょう。

ですが、この夢の実現のためには、今後、「やり抜く力」が必要に
なってくるのです。彼女の夢を実現するためには、実は様々な課題
を乗り越える必要があります。そのため、実際に「どうやって?」
と考えてしまうと、躊躇したり逃げ出したくなったりするのです。

その気持ちは私にも理解できます。特に初めてのことをしようと
する時は、ワクワクするのと同時に、不安に押しつぶされ、そこを
飛ばして、夢だけを考えていたいという気持ちにもなるものです。

わかった上で、彼女にはあえてこの時期に、立ち止まって考えても
らいたかったのです。今からやるべきことが、たくさんあります。
でもそれは自分が選んだ道なのです。避けては通れません。

しかも40代ならば、今後のご自分のライフデザインをきちんと
考え、その上で、やるべきこと、あるいはやらないで良いものを
きちんと区別し、優先順位をつけて手をつけていくことが大切。

そんなことを二人で話し合いました。カウンセリングの最後に、
「振り返りシート」を書いてもらいましたが、彼女は、自分が
やらなければならないことを4つに分けたのです。

それぞれの項目について、やるべきことを書き出してみるとの
こと。さらに、「一人で抱えず、専門家に相談することを常に
頭に入れておいて」とアドバイスしました。

なので、誰に相談できるのかも調べて、書き出してみることに
しました。やり抜くためには、自分だけではなく、上手に他者の
サポートを借りる勇気と知恵が必要なんですね。

さて、あなたは今、必要な「決断」が出来ていますか?
「決断」をやり抜く力を持っていますか?
相談できる人が近くにいますか?

<相談内容は、守秘義務を遵守するため、実際の内容とは異なった
形で書いております。何とぞご了承ください。>

まとめ
決断の次には、実現のために「やり抜く力」が必要

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい!
そんな貴女は今すぐココをクリック。

第117話: 新年の想いを実現させるために常に○○をチェックしよう

2017.01.07

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

2017年、最初のオフィシャルブログとなります。本年もどうぞ
よろしくお願いします!!

さて、今年こそは○○を始めよう!とか、○○を辞めよう!ある
いは、もっと○○になりたい~などと新年の想いを新たにした方
は多いのではないでしょうか。

まずは具体的に何をしたいのか、決めることは成功への第一歩です。
そしてまわりにもどんどん宣言しちゃいましょう。出来れば実際に
口頭で伝えるのがよいと思います。

というのは、自分が相手に発した言葉を、また自分が聞くことにな
るからです。誰かに伝えるたびに、自分にも言い聞かせている・・
というわけですね。

自分にも宣言し、まわりにも宣言して実行できれば素晴らしいです
が、私たちは日々、心の中で自分自身と対話しています。それを
セルフトークとも言います。

自分との対話は無意識なことが多く、ふとした時に、「出来るかな?」
と不安になったり、「どうせ続かないだろう」と弱気になったり、
「やっぱり自分にはダメだった」などと悲観的になることも。

実は、このセルフトークが曲者なんですね。というのも、無意識に
自分自身に語り掛けている言葉ですから、これがなかなか強力な
のですね。

不安や弱気、悲観的なセルフトークをしていることに気づいたら、
まず「あ~、気づけて良かった」のです。そして気づいた時に、
ネガティブなセルフトークを言い換えて欲しいのです。

これはもう1人の自分との対話でもあります。無意識のセルフト
ークを、客観的に分析するもう1人の自分。ネガティブスイッチ
が入っているよ!と教えてくれる言わばツッコミ役という感じ。

気づいたら、すかさず何かポジティブなセルフトークに言い
変えてくださいね。そして、このボディーブロウのように効いて
くるセルフトーク。

「出来なかったのは、やり方がダメだったんだ。」
「まだまだ、今年は始まったばかり。諦めない!」
「挫折したのは、どこがまずかったのかな?」

と、立ち止まってみてください。そして出来たこと、上手くいった
ことにもぜひ目を向けてくださいね。自分に厳しい人は、案外
出来たことには気づかないものなんです。

だから敢えて、「出来たこと」や「続けられたこと」に気づき、
認めるという習慣も持ってほしいのです。このセルフトーク
をチェックして、ぜひ新年の想いを実現してくださいね。

まとめ
セルフトークを常にチェック!出来たことにも目を向けよう。

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、
理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、
人生をもっと輝かせたい! そんな貴女は今すぐココをクリック。

第115話: 叶えたい夢を先延ばししてしまう貴女がすべき1つのこと

2016.12.17

自分関係®カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

2016年もあと少しですね。この時期、今年のこと、そして来年のこ
とに想いがめぐりますね。今年はどんな1年でしたでしょうか。そ
して来年2017年はどんな1年にしたいと思っていますか。

実は叶えたい夢があるけど、先延ばししてしまう。目の前にある
ことに取り組むだけで、あっという間に1年が過ぎてしまう・・
なんていう方もいらっしゃると思います。

悲しかな。そういう方は、夢を叶える第一歩がなかなか踏み出せ
ず、結局夢で終わってしまうのです。仕方ないですよね。夢を叶え
るためには、行動することが必要なのですから。

でも、今の生活も捨てきれないし、新しいことに取り掛かるには、
エネルギーが必要だし。なんて悠長に考えているのだとしたら、そ
んな方にやる気スイッチを入れてもらう方法があります。

それは、叶えたい夢を言葉にして書き出すこと・・・というのは
よく聞く話ですが、今日、お伝えするのは、ちょっと違います。
「こうはなりたくない!」ということを書き出すのです。

例えば、死ぬまで職場の愚痴を言って終わりたくない、ですとか、
3年後に、本当は独立して産業カウンセラーになりたかったという
気持ちにしがみついていたくないとか。そんな感じです。

あるいは今の夫や妻と喧嘩ばかりの毎日を過ごしたくないとか、
5年後も一人でクリスマスを迎えたくない!とか。いかがです
か?様々な気持ちが沸き起こってきませんか。

そうなんです。こうなりたくない!これは嫌だ!!ということ
を考えてみると、心が大きく揺れ動くのですね。実はそれが
チャンス!

では、そうならないために、今の自分は何ができるのだろう?
どうしたらよいのだろう?と脳は一所懸命に考え始めるから
です。

普段は、不安や恐れから行動を始めるのは、あまりよくないこ
とお伝えしているのですが、まずは「やらなければ」「やろう」と
いうスイッチを入れていただきたいのです。

私自身も、これまで、「来年の同じ時期に今と変わらない状態でい
るのは絶対嫌だ!」と強い気持ちが沸き起こり、転職したり、独立
したりということをやってきました。

一度、気持ちが固まると次に考えが及ぶのは、「では、いつまで
に実現させるか」ということ。来年の春まで、とか、1年後に
とか、おおよその計画を練ってみましょう。

そして、「では今、何をすべきか」という行動と目標に落とし込
むことができれば、それがすでに夢に向かって、一歩踏み出した
ことになるのです。あとは行動を継続していくことですね。

まとめ
こうはなりたくない!という強い想いが夢実現の一歩になる

人と比べず競わず、ブレない自分を持ち、理不尽な出来ごとや
人間関係ストレスに対処するスキルを学び、人生をもっと輝かせたい!
そんな貴女は今すぐココをクリック。

文句を言う毎日に決別する覚悟が次のステージの第一歩!

2015.09.12

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

先日のOさんのお悩みは最初は仕事のことだったのですが、
実は夫との関係が一番のお悩みでした。というのは、Oさん
が仕事をすることについて夫からの理解がないというのです。

Oさん夫婦は子どもがいません。なのでOさんは以前より
フルタイムで仕事をしたいと希望していたのでした。が、
夫は仕事をするなら、協力しないと一点張りなのだとか。

そんな夫の無理解に対して、Oさんのイライラも募り、
夫婦関係にも悪影響を及ぼしています。このような相談は
根が深いのですね。

つまり、表面的には夫婦関係、仕事の悩みと思えるのですが、
実は、夫婦それぞれの価値観の違いがもたらす悩みなので
即効性のある解決策があるとは言えないからです。

どうしてそういう価値観を持っているのか、それは本人の
成育歴にも大いに関係してきます。ですので、それを変えよう
とするのは容易なことではありません。

そのようなお悩みを整理し、カウンセリングで解決策を見つけて
いく場合は、相当の時間がかかるものです。実はOさんはその
覚悟がまだ出来ていないのですね。

なので仕事をすべきかどうか決断することが出来ず、夫へも
イライラを募らせるだけで、なかなか物事は前進していきません。
ですが、Oさんが出来ることが1つあります。

それはこれまでの人生とこれからの人生を「自分軸」で考え直し
てみること。まず自分が何に重きを置いて生きているのか、
なんの制約もなかったらどんな人生だったらよいのか。

そんなことをあれこれと考えてみることです。
これも容易なことではありません。日々、文句を言って
いる方がラクだとも言えます。

ですが本気で人生の棚卸しをするならば、本気でなんらか
の解決法を見つけ出そうとするならば、まずは文句をいう
生活を辞めること。

しんどくでも、一歩踏み出すために、現状を理解し、
その上で自分の未来を描いてみる。自問自答することで
優先順位がすこしずつはっきりしていくものです。

Oさんには、まず、文句をいう日々だけでも辞めてみませんか?
とお伝えしましたが、まだ決めかねているようです。自分の
人生に本気で関われないこと、それこそがOさんの課題です。

今日の一言メッセージ
文句をいう生活を辞めると決断した時に次のステージが待っている

夢がかなう道のり「未来のあなたからメッセージを送ろう」

2015.01.19

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

新しい年を迎え、すでに1月も半分以上が過ぎました。
今年の目標、希望、夢、みなさんはどんな風に描いていますか。
仕事以外でも私生活でも、もちろんたくさんありますよね。

今年の目標だけでなく、3年後、10年後まで目標を持ち、
逆算して今年は○○を始めようなどと考えている方も
いらっしゃることでしょう。

夢を叶えたいならば、それを実現するという強い意志と
そのために行動すること、そしてそれを継続していくことが
近道ではないかと思っています。

さらに、まわりに自分の夢や目標を宣言することも大切です。
そのためにたくさんの情報が入ってくる、まわりが協力してくれる
という利点もあります。

ですが、宣言することの最も大切な意味は、自分で自分のマインドセット
ができることでしょうね。つまり、自分のココロに「○○をする」と
コミット、約束することになるのですから。

ですが、人間、その意思を持ち続けることが難しいこともあります。
様々な課題があったり、不本意な出来事があったり、そんな時、
気持ちが萎えてしまうことは、或る意味人間らしいともいえます。

そんな時こそお勧めなのが、あなたが実現したい目標や夢がすでに
手に入っていると仮定して、言葉を発すること、行動していくこと
なんですね。

実は心理学のワークで次のようなものがあります。
まず、イスに座り、今の自分を表現してもらいます。今の状況を
説明したり、気持ちを表現してもらうのです。

次に、そのイスを離れ、隣にあるイスに座ります。
それは1年後のあなたの状態です。そのイスに座り、同じように
状況と気持ちを想像して表現していくのです。

さらに、その隣のイスは3年後のあなたです。そのイスに座り、
3年後の自分になりきって、その時の状況と気持ちを表現します。
すると、3年後の気持ちを先取りして味わえるというわけですね。

3年後のあなたは、どんな状態にいるでしょうか?どんな言葉を
発して、どんな行動をしているでしょうか?それを味わってもらう
のです。

3年後の目標がかなったあなたの目線で、見えてくるものや感じるもの
はかなり違うはずです。最後に、その3年後のあなたは、最初に
座っていたイス、つまり今のあなたに声をかけるのです。

そのイスに今の自分が座っていると思い、3年後のあなたは、どんな
言葉をかけてあげるでしょうか。それを実際に言葉に出すのです。
言葉だけではなく、優しく背中を押して励ましてもいいのです。

だめかもしれない・・と弱気になっているあなた、夢に向かって
コツコツと努力しているあなた。その今のあなたに声をかけるココロ
の習慣を持つことをお勧めします。

今日の一言メッセージ
弱気になった時は、未来の自分から、今の自分にメッセージを送ろう。

第3話:自分に自信が持てない。自分関係®を改善するには「自分を信じる」こと。

2014.10.09

自分関係®改善カウンセラー(臨床心理士)
ストレスフリーアドバイザーの髙橋雅美です。

自分関係®を良くするための最後のステップは「信じる」です。
信じるとは、自分は出来ると思うこと、つまり自己効力感を
持つこと。

そして、自分はまあ、なんとかなる。大丈夫という自信を
持つことです。あなたの大切な人、愛している人に対しては、
その方が何か失敗しても許しますよね、

頑張っている時には労いますよね、そしてこの人は大丈夫と
ココロの底で信じていませんか?愛する人には、許す、労う、
信じることが出来る。

つまり、自分を信じることは自分を愛することなのです。
自分を信じるためにはどのようなことをすれば良いのでしょう。
自己効力感を上げるにはどうしたら良いのでしょう?

まずはあなたが出来ること、つまり「成功体験」を増やして
いくことです。それはどんなに小さいことでもかまいません。
自分で自分に約束してそれを実行する、それだけのことです。

例えば、明日から早起きして30分のジョギングをする、と
自分と約束したとします。早起きしてジョギングする日々を
重ねると、あなたは少しずつ自分に自信が持てるようになります。

できれば、毎朝ジョギングをして何を達成したいのかも
決めるともっと効果があるのです。体重を5キロ減らすとか、
来年の地元のマラソン大会に参加するとか。

そして、その目標を達成できると、ますます自分に自信が
持てるようになりますね。自信をつけるために小さなこと
からぜひ「成功体験」を重ねていきましょう!

今日の一言メッセージ
成功体験を重ねて、自分に自信をつけよう!

 

ページトップ